金沢文芸館

ENGLISH

当館の概要

建物のおはなし


昭和の頃の橋場町交差点

昭和初期からずっと界隈のランドマーク。

城下町の情緒あふれる浅野川のせせらぎ、東茶屋街・主計町にほど近い橋場町交差点にひときわ目を引く建物、それが金沢文芸館です。元々は銀行だった建物を金沢市が改修し文芸館に生まれ変わりました。建築されたのは昭和4年(1929年)。戦前から80年以上もこの建物は界隈のランドマークとして市民に親しまれています。

絵になる昭和ロマン

風変わりなモダニズム建築。ひと目見ただけでお洒落~!! と声がもれてしまうほど絵になる外観は当時の雰囲気をそのまま生かしています。簡略化された擬ルネサンス様式で、ファサード(正面)をフリーズとコニースと呼ばれる水平の突起が縦にほぼ1対2の割合で上下二層に分けています。1~2Fの5個のアーチ型の窓、3Fの角窓も特徴的です。

緩い坂道の交差点に建つため足元がやや異型に。
敷地も変形なので正面が少し斜めに折れ曲がっている。

枯木橋からの横顔もイケてます

ストーリーの入口はここ

皆さんを迎える正面玄関はイオニア式角柱付け柱を左右に配した意匠で、金沢旧市内にほとんどなくなってしまった昭和初期の様式的デザイン。とっても貴重なんです。

夜の顔にも注目です

日没から夜10時までライトアップしています。藩政時代から商人の町として栄えた尾張町。その周辺の景色に溶け込んでロマンチック!

ずっと座っていたい

1F交流サロンでは、銀行時代に使われていたカウンターを活用しています。置く向きを変え、少しだけ幅をけずって設置しました。木肌のぬくもりと深みのあるレトロな色調が特長です。ぜひぜひ座りに来てください。

奥には何が…?

実はここ、銀行時代は金庫でした。入口ドアは補修工事の際に取り払ったものの重厚なエントランスは必見。
現在はミニギャラリーとして使用しています。

梁を見せた広がり空間

3F文芸フロアは銀行時代は会議室でした。構造梁がそのまま露出された造りで、創建時の状態に近い広間空間をなしています。

小部屋も有効活用しています

さてその3Fフロアの奥の間、かつて倉庫だった小部屋は泉鏡花文学賞の受賞作品を展示したコーナーに。

タッセルにも情緒が漂う

館内のタッセル(カーテンを束ねる房飾り)は、地元の伝統工芸異業種グループ「ざ・金澤」によって製作されました。

ページの上へ

もどる

HOME

ページトップへ

金沢文芸館

〒920-0902 石川県金沢市尾張町1-7-10 TEL:(076)263-2444 FAX:(076)263-2443

アクセスマップ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団