活動内容

過去の展覧会


2018年

企画展 「2018・春 大拙と語る」

平成30年4月25日(水)~平成30年7月8日(日)
 当展は、当館所蔵の作品・資料の中から、鈴木大拙の足跡や考えを体感できる「いまに生きるもの」を取り上げ、大拙をより身近に感じることができる視点から構成します。

企画展「大拙をめぐる人々」

平成30年2月1日(木)~平成30年4月22日(水)
 鈴木大拙は、職業や地位に関わりなく、様々な人物と接し、広いジャンルにわたる業績を残しています。当館では過去の企画展において、 大拙と国内外の学者や知識人、また実業者との関係を紹介してきました。 大拙を慕い、大拙のまわりに集った人々の中には芸術家や作家もいます。大拙は、実作者というわけではありません。 しかしながら、様々なつくり手が大拙から影響を受けています。彼らと大拙との交流、また交流の影響が反映されている 作品・資料などをあわせて紹介いたします。