活動内容


イベント

鈴木大拙館入館者1万人達成セレモニーを開催しました

(平成24年1月17日)


▲セレモニーの様子

▲9,999人目の瀧上大輔さん(左)と10,000人目の瀧上愛さん(右)

▲10,001人目の中村厚子さん(手前右)とお母様(手前左)と松田館長

  鈴木大拙館の入館者数が、1月17日14時頃に1万人を達成しました。開館92日目での達成で、当初予想の3月末より2ヶ月近く早くなりました。
 多くの皆様に足をお運びいただいたおかげです。ありがとうございます。
 記念すべき10,000人目のお客様は、瀧上愛さん(能美市)でした。松田章一館長より、記念品として、大拙の書「色不異空」をモチーフにしたネックレス、無料入館券、ミュージアムグッズを贈呈しました。休日にお兄様の大輔さんと一緒に訪れたそうで、「突然で驚いたけど、うれしい」と笑顔でお話されていました。
 前後賞として、9,999人目の瀧上大輔さん(能美市)、10,001人目の中村厚子さん(金沢市)に無料入館券とミュージアムグッズを贈呈しました。
 ネックレスは、当館設計者の谷口吉生氏が、大拙の書「色不異空」の「△□○」をモチーフにデザインし、金沢市東山の金工作家秋友美穂氏が一つ一つ製作した、銀製のネックレスです。当館ミュージアムショップでお買い求めいただけます。

一覧へ戻る