活動内容


イベント

鈴木大拙館入館者が3万人を達成しました

(平成24年9月8日)



▲29,999人目の吉野泰彦さん(左)と30,000人目の堀千絵美さん(中央)、
松田館長、30,001人目の藤井正さん(右)

  鈴木大拙館の入館者数が、9月8日15時頃に3万人を達成しました。10月18日の開館一周年を前に、開館327日目の達成でした。
 金沢市民のみならず石川県外からも多くの皆様がお越し下さったおかげです。
 心から感謝申し上げます。
 記念すべき30,000人目のお客様は、堀千絵美さん(羽咋市)でした。松田章一館長より、記念品として、当館設計者の谷口吉生氏デザインのネックレス、無料入館券、ミュージアムグッズを贈呈しました。
 前後賞として、29,999人目の吉野泰彦さん(茨城県土浦市)、30,001人目の藤井正さん(富山市)に無料入館券とミュージアムグッズを贈呈しました。
 
 ネックレスは、大拙の書「△□不異○(色異不空)」の「△□○」をモチーフにデザインしたものです。また、鈴木大拙はこの書を、現在当館で展示されている仙厓(せんがい)の作品「○△□」(出光美術館蔵)に影響を受けて、残しました。当館にお越しの際には、この仙厓(せんがい)の「○△□」をぜひご覧下さい。(9月30日まで)

一覧へ戻る