活動内容


イベント

COOL Kanazawa ワークショップを開催しました

(平成25年8月12日)


▲劉園英先生のお話

思索空間にて

▲学習空間にて

▲展示空間にて

  中学生を対象に、世界で活躍した鈴木大拙を知り、日本で活躍中の外国人講師をお招きし、自分自身の夢を語り合う、COOL Kanazawaワークショップを開催しました。
 金沢市立高岡中学校の2年生、3年生24名が参加し、講師として北陸大学薬学部医療薬学講座・教授の劉園英先生をお招きしました。
 劉先生は、中国・北京市のお生まれで、医師をめざしたきっかけや日本で留学生として学んでいたときの経験などをお話してくださいました。
 当館の猪谷学芸員は、鈴木大拙が英語の著作によって日本文化を世界に伝えたことや、大拙が10代の学生だったころの話をしました。
 その後、金沢市国際交流員の皆さんと一緒に、館内の3つのスペース(空間)に分かれて、自分たちの夢について語り合いました。生徒の皆さんは、しっかりと自分の将来を考えており、みんなの前で堂々と世界での活躍をも誓う姿に、何年後かのテレビや新聞で彼らの名前をみる日が楽しみになりました。
 初めは緊張の様子が見えましたが、話し合いや昼食のおにぎりを一緒にほおばった後は、とびきりの笑顔で話している姿を見ることができ、皆さんの成長のきっかけとして鈴木大拙館が想い出に残ればうれしいなと感じました。

一覧へ戻る