活動内容


イベント

石井清純氏による「大拙を識る」連続講座第一回目を開催しました

(平成25年11月9日)

 当館は、大拙ゆかりの方々や研究者などを講師に迎え、「大拙を識る」連続講座を開講しています。この連続講座は、講師の方に2回にわたってお話していただいております。
 今回は、石井清純氏(駒澤大学教授、駒澤大学前学長)を講師にお迎えしました。主題を「禅の基本思想と世界への展開」とし、金沢歌劇座会議室において、36名の受講者が参加しました。
 第一回目は、「禅の基本思想」と題して、主に、禅宗初祖菩提達磨から第六祖慧能に至るまでの禅の流れを、要点を押さえてわかりやすくご解説いただきました。参加者は、菩提達磨と梁の武帝の有名な問答などを通して、禅思想の基軸と振幅について学ぶことができました。
 この講演は、平成26年1月より、当館学習空間に設置している情報機器(iPad)でご覧いただけます。

一覧へ戻る