活動内容


イベント

企画展「大拙つれづれ草」関連イベント
よりどりみどり「散策路への誘い」を開催しました

(平成26年5月18日)


▲水鏡の庭にてみなさんの視線の先には・・・

▲新緑まぶしい本多の森

▲大拙館を飛び出し、館周辺の樹々をご紹介

▲緑の小径ではちょっとした森林浴気分を味わえます

  企画展「大拙つれづれ草」の関連イベントとして、当館の3つの庭の周辺にある散策路をめぐりながら樹々や草花をご案内する、よりどりみどり「散策路への誘い」を開催いたしました。開館以来、来館者の皆様から樹々や草花に関する質問が多く寄せられ、それに応える形で企画しました。また、企画展「大拙つれづれ草」にちなみ、「つれづれに」当館でゆったりと過ごして頂くことをご提案するものです。
 この日は天候に恵まれ、また初の試みということもあり、35名もの多くの方が参加してくださいました。宮下副館長の案内のもと、館内の3つの庭からみえる樹々や草花のご紹介からはじまり、水鏡の庭では青空のもと新緑がまぶしい本多の森を目の前にして、思わず参加者の皆様からは感嘆の声がもれました。
 その後、大拙館から外に出て玄関や蔵などの周辺をご紹介して、散策路から本多の森へと続く緑の小径へご案内しました。緑の小径では、街中とは思えない程の自然があふれ、癒やしの時間を過ごすことができました。
 参加者の方からは、楽しい時間を過ごすことができたという嬉しい感想をいただけました。

一覧へ戻る