活動内容


イベント

鈴木大拙館子ども教室「本多町クルーズ~3館をまわろう~」を開催しました

(平成26年7月23日)


▲お点前をいただきました

▲「幾多郎と大拙 -「道」のゆくえ-」展を鑑賞

▲ふるさと偉人館では、大拙と幾多郎の若かりし頃の写真をみました

  鈴木大拙が生まれ育った「本多町」の文化施設3館(鈴木大拙館、金沢市立中村記念美術館、金沢ふるさと偉人館)をまわるイベント「本多町クルーズ~3館をまわろう~」を7月23日開催し、事前に申し込みのあった、金沢市立四十万小学校育友会のみなさん(25名)が参加しました。
 鈴木大拙館では、現在開催中の企画展や映像紙芝居をみて大拙の生涯や親友の西田幾多郎について知り、思索空間で静かな時を体験しました。
 中村記念美術館では、大拙が世界に日本文化を紹介したことにちなみ、茶室・耕雲庵で茶道の歴史を学び、お茶会を体験しました。お菓子とお点前をちょうだいし、茶盌をながめる姿は真剣さと関心の高さがうかがえました。
 金沢ふるさと偉人館では、西田幾多郎のほかにも、鈴木大拙の友人である藤岡作太郎(国文学者)のことも知り、偉人たちの自分たちより少し上の世代のころ若い時代の写真に見入っていました。
 3つの施設をまわるという長丁場でしたが、子どもたちはどの施設でも元気いっぱいに一生懸命体験に取り組んでいました。

一覧へ戻る