活動内容


イベント

COOL Kanazawa ワークショップを開催しました

(平成26年8月4日)


▲丸山章子先生

金沢市国際交流員の方々と夢について語り合いました

  中学生を対象に、世界で活躍した鈴木大拙を知り、世界で活躍経験のある講師をお招きし、自分自身の夢を語り合う、COOL Kanazawaワークショップを開催しました。
 金沢市立高岡中学校の1~3年生10名が参加し、講師として金沢学院大学スポーツ健康学部准教授の丸山(旧姓:古)章子先生をお招きしました。
 丸山先生は、トランポリン競技の日本代表として2000年シドニー五輪に出場し、6位入賞という成績をおさめられました。今回は、トランポリンをはじめた幼いときからの五輪出場までの夢の変遷や、夢実現のために必要なことなどを経験に基づいたわかりやすい内容で教えてくださいました。また現在は新たな夢に向かって日々進んでいらっしゃるそうです。
 当館の猪谷学芸員は、鈴木大拙が英語の著作によって日本文化を世界に伝えたことや、大拙が10代の学生だったころの話をしました。
 生徒のみなさんは、その後、金沢市国際交流員の皆さんと一緒に、自分たちの夢について語り合いました。はじめは緊張の表情をみせていましたが、最後は自信をもって自分の今したいこと=夢を明るく語る姿は、希望に満ちているようにみえました。

一覧へ戻る