活動内容


イベント

鈴木大拙館入館者が10万人を達成しました

(平成26年11月1日)



▲記念品を贈呈

▲100,000人目の米澤俊樹さん(右)、木村館長(左)

  鈴木大拙館の入館者数が、11月1日11時頃に10万人を達成しました。2011年の開館から1,111日目の達成でした。
 これまでご来館いただいた10万人の皆様に、心から感謝申し上げます。
 記念すべき100,000人目のお客様は、米澤俊樹さん(東京都)でした。木村宣彰館長より、記念品として、当館設計者の谷口吉生氏デザインのネックレス、公式パンフレット、無料入館券、ミュージアムグッズを贈呈しました。
 また、99,999人目と100,001人目のお客様にも無料入館券とミュージアムグッズを贈呈しました。
 
 ネックレスは、当館設計者の谷口吉生氏が、大拙の書「色不異空」の「△□○」をモチーフにデザインし、金沢市東山の金工作家秋友美穂氏が一つ一つ製作した、銀製のネックレスです。当館ミュージアムショップでお買い求めいただけます。

一覧へ戻る