活動内容


イベント

朝・思索のすゝめ 素秋編 を開催しました

(平成26年11月30日)


  雨風が強い日が続いた後もあり、当館周辺も「見渡せば花も紅葉も」ありませんでしたが、当日の朝は幸い天気に恵まれました。
  開始に先立ち、大拙が良寛について書いている文章と良寛の句「焚くほどは風がもて来る落葉かな」を紹介しました。 今回の「朝・思索」は若い方が多く参加して下さいました。幅広い世代の方々にお気軽にご参加いただけるように工夫してまいります。

一覧へ戻る