活動内容


イベント

竹村牧男氏による「大拙を識る」連続講座一回目を開催しました

(平成27年2月21日)



 竹村牧男氏(東洋大学学長、筑波大学、名誉教授)による「大拙を識る」連続講座の一回目を金沢歌劇座会議室において、開催しました。
 「観音さまと鈴木大拙」というテーマでご講義頂きました。前半は、主に観音の変遷を漢訳仏典に辿り、後半は、禅における観音として、白隠、道元、良寛それぞれの観音に対する態度を取り上げ、最後に大拙の観音の理解についてご教示下さいました。大拙は、観音さんをカトリックのマリア聖母とともに、母性の象徴として考えていたようです。

一覧へ戻る