活動内容


イベント

企画展「2015・春 大拙と語る」 スペースツアー
「大拙館の楽しみ方」 を開催しました

(平成27年2月15日、3月15日、4月11日)





  「大拙館の楽しみ方」と題したスペースツアーは、大拙の書「△□不異◯(色不異空)」、書「それはそれとして」など、作品の解説とともに鈴木大拙そのひとをより身近に感じていただけるエピソードを紹介しました。 当館の楽しみ方は、もちろん来館される方々それぞれですが、日頃なかなかお伝えしにくい当館の工夫点をいくつか紹介しました。リピ―ターの方々も、いつもとは違う大拙館の「みるポイント・めぐるポイント」を体験していただけたのでしたら幸いです。

一覧へ戻る