活動内容


イベント

森哲郎氏による「大拙を識る」連続講座を開催しました

(平成27年6月13日、6月20日)



 森哲郎氏(京都産業大学文科学部教授)による「大拙を識る」連続講座を金沢歌劇座会議室において開催しました。
 第一回めは、「人(にん)と人(にん)-西田幾多郎と鈴木大拙」という演題のもと、大拙の、法然と親鸞の二人を一人として見る見方にならい、西田と大拙の二人を重ね相互の相補解釈を試みられました。具体的には、西田哲学の開始と終局に大拙との深い共振・共鳴が見て取れる点など興味深い事実をご教示頂きました。
 第二回めは、「十牛図の世界-禅と哲学」という演題でのご講演でした。我々は、森先生独自の伝統的な禅の修行マニュアルである十牛図についての解釈を学び、さらに西田哲学の純粋経験や場所等の概念がその十牛図解釈とどう関連するかについても、大きな示唆を得ることになりました。

一覧へ戻る