活動内容


イベント

トーマス・カーシュナー氏による大拙館講座「禅僧になったアメリカ人」を開催しました

(平成29年12月16日)

 トーマス・カーシュナー氏は、鈴木大拙博士の禅入門書(英著)を読んで禅に魅了され、20歳の時に来日して以来、 四十年以上禅の修行を続けています。講座では、カーシュナー氏の自伝である『禅僧になったアメリカ人』(禅文化研究所) と同題のもと、氏の禅人生、そして禅修行についてお話し頂きました。



一覧へ戻る