施設概要

建築の設計方針

配置図イメージ 敷地の特長である小立野台地から続く斜面緑地を背景に、石垣や水景などによって金沢を象徴する景観を創造し、その中で鈴木大拙の世界を展開していくことを設計の基本方針としました。
建築は、「玄関棟」「展示棟」「思索空間棟」を回廊で結ぶとともに、「玄関の庭」「水鏡の庭」「露地の庭」によって構成されています。この3つの棟と3つの庭からなる空間を回遊することによって、来館者それぞれが鈴木大拙について知り、学び、そして考えることが意図されています。

建築概要 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造平屋建 及び土蔵造2階建
延床面積 631.63m2
着工年月 2010(平成22)年10月
竣工年月 2011(平成23)年 7月
設計 谷口建築設計研究所 谷口吉生

もどる

HOME

ページトップへ