活動内容


交流ネットワーク

ロンドン仏教協会との交流協定締結式

(平成26年10月23日)



▲(左より)山野金沢市長、岡村名誉館長、木村館長、
ロンドン仏教協会ビドルフ会長、ビドルフ夫人、佐藤理事

 ロンドン仏教協会との交流協定締結式が10月23日に金沢市役所にて行われ、山野之義金沢市長の立会いのもと、ロンドン仏教協会のデズモンド・ビドルフ会長と当館の木村宣彰館長が協定書に署名をしました。  
 ロンドン仏教協会は1924年にイギリス・ロンドンにおいて、判事のクリスマス・ハンフレーズ(1901~1983)によって、欧州に仏教や東洋思想を伝えるために創設されました。クリスマス・ハンフレーズは1936(昭和11)年にロンドンで開催された世界宗教信仰会議での鈴木大拙が行った感銘深い講演を機縁に交流が始まり、戦後はハンフレーズ氏が鎌倉へ鈴木大拙を訪ねたり、欧州訪問時には大拙が立ち寄るなど、交流を深めました。 今後は、企画展等における収蔵資料の貸借や欧州での資料調査協力、相互のPR活動など、相互の協力による施設の魅力向上と発信力の強化を図ります。
 

一覧へ戻る