活動内容


交流ネットワーク

大谷大学博物館との交流協定締結式

(平成29年10月18日)


▲(左より4人目から)木越大谷大学学長、齋藤大谷大学博物館長、木村館長、山野金沢市長。
大谷大学同窓会金沢支部のみなさま、細田副市長と



▲締結式終了後、鈴木大拙館にて

 京都市にある大谷大学博物館と、交流協定を締結しました。
 この協定は、鈴木大拙が40年にわたって務めた大谷大学との深いかかわりや、平成28年度に当館で開催した鈴木大拙没後50年記念特別展「無-心 Mu-Shin」において大谷大学博物館から鈴木大拙・曽我量深・金子大栄合筆墨蹟を借用し展示するなど両館の交流があったことから、今後の交流促進と互いの発展につなげるため協定締結に至りました。

 協定式では、大谷大学の齋藤望博物館長と鈴木大拙館の木村宣彰館長が、さらに立会人として木越康学長、山野之義金沢市長も署名して協定書を交換しました。今後は、鈴木大拙に関する調査研究への協力や、入館割引等の相互優待も図っていきます。


大谷大学博物館 へのリンク
一覧へ戻る