ホーム > 常設展 > 高峰譲吉

常設展

近代日本を支えた偉人たち 【高峰 譲吉

近代バイオテクノロジーの父
高峰 譲吉 (たかみね じょうきち)
嘉永7(1854)年~大正11(1922)年
富山県高岡市生まれ
年譜
年号 年齢 できごと
1854年(嘉永7年) 0歳 11月3日、精一の長男として高岡で生まれる。
1855年(安政2年) 1歳 一家が金沢に移る。
1862年(文久2年) 8歳 藩校明倫堂に入学。
1865年(慶応元年) 11歳 長崎に留学する。
1868年(明治元年) 14歳 京都の安達兵学塾、大阪の緒方塾で学ぶ。
1869年(明治2年) 15歳 大阪医学校、 大阪舎密局で学ぶ。
1873年(明治6年) 19歳 工部大学校に入学。
1879年(明治12年) 25歳 工部大学校を卒業。
1880年(明治13年) 25歳 イギリスに留学。グラスゴー大学、アンダーソニア大学で学ぶ。
1883年(明治16年) 26歳 農商務省勤務。
1884年(明治17年) 30歳 ニューオリンズ市であった万国博覧会に出張。 燐鉱石を持ち帰る。キャロラインと出会う。
1886年(明治19年) 32歳 東京人造肥料株式会社を設立。
1887年(明治20年) 33歳 キャロラインと結婚。
1890年(明治23年) 36歳 高峰式元麹改良法が特許となる。ウイスキー製造会社に招かれ渡米。
1893年(明治26年) 39歳 実験していた工場が全焼。
1894年(明治27年) 40歳 タカジアスターゼの特許を出願。グリセリン復元法を発見。
1899年(明治32年) 45歳 工学博士となる。
1900年(明治33年) 46歳 アドレナリンの結晶抽出に成功する。
1905年(明治38年) 51歳 ニューヨークに「日本倶楽部」を設立し、会長となる。松楓殿をセントルイスからメリーウォルドに移転。
1912年(大正元年) 58歳 譲吉の資金援助によりニューヨーク、ワシントンに桜が贈られる。
1913年(大正2年) 59歳 国民科学研究所の必要性を提唱。
1917年(大正6年) 63歳 「タカミネ研究所」をニュージャージー州クリフトンに設立。
1922年(大正11年) 68歳 7月22日、ニューヨークにて死去。

PAGE TOP