ホーム > 常設展 > 飯盛里安

常設展

近代日本を支えた偉人たち 【飯盛 里安

放射化学の父
飯盛 里安 (いいもり さとやす)
明治18(1885)年~昭和57(1982)年
石川県金沢市鶴間谷生まれ
年譜
年号 年齢 できごと
1885年(明治18年) 0歳 10月19日、加藤里衡の次男として鶴間谷に生まれる。父が高岡の射水神社宮司となったため高岡に転居する。
1898年(明治31年) 13歳 高岡中学校に入学。
1903年(明治36年) 18歳 早稲田中学校(5学年)に転学。
1904年(明治37年) 19歳 第四高等学校(大学予科二部工科)に入学。
1907年(明治40年) 22歳 東京帝国大学理科大学化学科に入学。
1910年(明治43年) 25歳 飯盛挺造の二女・ユクと結婚。東京帝国大学理科大学大学院に入学。
1911年(明治44年) 26歳 東京帝国大学理科大学助手となる。
1913年(大正2年) 28歳 高峰譲吉が欧米諸国の科学研究所を紹介、深く感銘する。
1915年(大正4年) 30歳 第一高等学校教授となる。
1919年(大正8年) 34歳 「アイソトープ(isotope)」を「同位元素」と邦訳。イギリスに留学する。
1921年(大正10年) 36歳 桜井褒章受章。
1922年(大正11年) 37歳 理化学研究所主任研究員となる。
1930年(昭和5年) 45歳 「ラドン定量器」特許出願。
1931年(昭和6年) 46歳 「放射能測定器」実用新案出願。
1944年(昭和19年) 59歳 朝日文化賞受賞。
1945年(昭和20年) 60歳 帝国学士院賞受賞。
1952年(昭和27年) 67歳 「飯盛研究所」設立、人造宝石の研究をする。日本分析化学会名誉会員となる。
1964年(昭和39年) 79歳 勲四等旭日小綬章受賞。
1980年(昭和55年) 95歳 桜井錠二の生誕地碑の題字を揮毫。
1982年(昭和57年) 97歳 10月13日、死去。

PAGE TOP