ホーム > 常設展 > 藤岡作太郎

常設展

近代日本を支えた偉人たち 【藤岡 作太郎

国文学の発展に寄与
藤岡 作太郎 (ふじおか さくたろう)
明治3(1870)年~明治43(1910)年
石川県金沢市早道町生まれ
年譜
年号 年齢 できごと
1870年(明治3年) 0歳 7月19日、通学(みちたか)の長男として早道町で生まれる。
1876年(明治9年) 6歳 小関成安塾に入門。
1878年(明治11年) 8歳 竪町小学校に入学。
1883年(明治16年) 13歳 石川県専門学校に入学。
1885年(明治18年) 15歳 『明治余滴』を発刊。
1887年(明治20年) 17歳 第四高等中学校に入学。
1889年(明治22年) 19歳 「我尊会」を結成。
1891年(明治24年) 21歳 帝国大学文科大学国文科に入学。
1893年(明治26年) 23歳 北國新聞創刊号に「小説管見」を発表。
1894年(明治27年) 24歳 4月に大阪府第一中学校の教員となり、7月に京都真宗大谷派第一中学校の教員となる。『日本風俗史』を発刊。
1896年(明治29年) 26歳 『国史綱』発刊。真宗大谷派第一中学校・大学寮の教授に就任。
1897年(明治30年) 27歳 第三高等学校の教授に就任。
1898年(明治31年) 28歳 吉田惟清の長女・辰巳と結婚。
1899年(明治32年) 29歳 『日本史教科書』を刊行。この年1月から日記を書き始める。(李花亭日記)
1900年(明治33年) 30歳 東京大学文科大学の助教授となる。
1901年(明治34年) 31歳 『日本文学史教科書』を刊行。
1903年(明治36年) 33歳 『近世絵画史』、『今昔物語選』、『俳諧水滸伝』を刊行。
1905年(明治38年) 35歳 文学博士となる。『国文学全史平安朝篇』を刊行。
1907年(明治40年) 37歳 文部省美術審査委員会第一部員になる。
1908年(明治41年) 38歳 『国文学史講話』、『国語教本』を刊行。
1909年(明治42年) 39歳 『松雲公小伝』を刊行。
1910年(明治43年) 40歳 2月3日、心臓麻痺にて死去。
1911年(明治43年)
『東圃遺稿』(全4巻)が刊行される。

PAGE TOP