ホーム > 常設展 > 鈴木大拙

常設展

近代日本を支えた偉人たち 【鈴木 大拙

禅仏教の研究を通じ仏教を世界に紹介
鈴木 大拙 (すずき だいせつ)
明治3(1870)年~昭和41(1966)年
石川県金沢市下本多町生まれ
年譜
年号 年齢 できごと
1870年(明治3年) 0歳 10月18日、加賀藩医の鈴木良準の四男として下本多町で生まれる。
1875年(明治8年) 5歳 本多町小学校に入学。
1882年(明治15年) 12歳 石川県専門学校に入学。
西田幾多郎、藤岡作太郎、山本良吉らと親交を深める
1887年(明治20年) 17歳 石川県専門学校が第四高等中学校と改称。同校予科3年に編入する。
1888年(明治21年) 18歳 第四高等中学校本科1年に入学するが、中退する。
1889年(明治22年) 19歳 石川県珠洲郡飯田町飯田小学校高等科の英語教師となる。
1890年(明治23年) 20歳 石川郡高等科美川小学校の教師となる。
1891年(明治24年) 21歳 東京専門学校に入学し、坪内逍遥に英語を学ぶ。鎌倉円覚寺の今北洪川に参禅。
1892年(明治25年) 22歳 東京帝国大学文科大学哲学科選科に入学。
1897年(明治30年) 27歳 釈宗演の推薦で哲学者ポール・ケーラスの助手として渡米。オープン・コート社の編集員となる。
1905年(明治38年) 35歳 ビアトリス(のちの夫人)と出会う。
1907年(明治40年) 37歳 『大乗仏教概論』を英文で出版し、学会の注目を集める。
1909年(明治42年) 39歳 日本に帰国。学習院、東京帝国大学文科大学の講師となる。
1911年(明治45年) 41歳 横浜でビアトリスと結婚する。
1921年(大正10年) 51歳 真宗大谷大学の教授となる。
1929年(昭和4年) 59歳 ビアトリス夫人と鎌倉に動物愛護慈悲園をひらく。
1934年(昭和9年) 64歳 英文『楞伽経の研究』で文学博士となる。
1939年(昭和14年) 69歳 『禅と日本文化』を出版。ビアトリス夫人が61歳で死去。
1941年(昭和16年) 71歳 鎌倉東慶寺内に松ヶ岡文庫の建設を始める。
1949年(昭和24年) 79歳 文化勲章受章。
1955年(昭和30年) 85歳 朝日新聞社朝日文化賞受賞。
1959年(昭和34年) 89歳 ハワイ大学で第3回東西哲学者会議に出席。
1960年(昭和35年) 90歳 90歳の誕生日を記念して記念論文集『仏教と文化』を刊行。
1961年(昭和36年) 91歳 『教行信證』の英訳草稿が完成。
1964年(昭和39年) 94歳 ハワイ大学で第4回東西哲学者会議に出席。
1966年(昭和41年) 96歳 7月12日、腸間膜動脈血栓症にて死去。 

PAGE TOP