ホーム > 常設展 > 山本良吉

常設展

近代日本を支えた偉人たち 【山本 良吉

校長として新しい教育を実践した教育者
山本 良吉 (やまもと りょうきち)
明治4(1871)年~昭和17(1942)年
石川県金沢市鶴間谷生まれ
業績

 山本良吉は京都や静岡の旧制中学、学習院などで修身などを教え、その後、私立武蔵高等学校の教頭、校長として同校草創期に力を尽くした教育者です。
 良吉が長年教育に携わるなかで主張してきたことは、武蔵高等学校の三理想となっています。
一、東西文化融合のわが民俗使命を遂行し得べき人物を造ること
二、世界に雄飛するにたえる人物を造ること
三、自ら調べ自ら考える力を養うこと 

豆知識
 良吉は非常に厳しい先生でした。しかし、その厳しさは「生徒のためになる」と考えたからです。最初は反発した生徒もいましたが、先生の気持ちがわかるようになると、先生を慕い尊敬し、学校を卒業した後も家に訪ねてくる生徒がたくさんいました。

展示品
ゆかりの地
第四高等中学校(現・石川四高記念文化交流館)
山本良吉が通っていた第四高等中学校は、石川四高記念文化交流館として公開され、当時の四高の様子を知ることができます。
四高校庭趾
山本良吉が通っていた第四高等中学校の跡地(いしかわ四高記念公園)にある記念碑です。四高同窓会によって建てられました。
参考文献
『晁水先生遺稿』 内田泉之助、1951
『山本良吉先生伝』 上田久、1993、南窓社
『祖父・山本良吉訪欧日記』 尾形健、1995、日本放送教育協会
『思想のレクイエム』 浅見洋、2006、春風社
リンク

PAGE TOP