ホーム > 常設展 > 谷口吉郎

常設展

近代日本を支えた偉人たち 【谷口 吉郎

近代建築の巨匠
谷口 吉郎 (たにぐち よしろう)
明治37(1904)年~昭和54(1979)年
石川県金沢市片町生まれ
業績

 「藤村記念堂」や「東宮御所」、「東京国立博物館東洋館」など、日本を代表する建築の設計をしたのが谷口吉郎です。金沢では、当時の「石川県繊維会館」(現・西町教育研修館)や「石川県美術館」(現・石川県伝統産業工芸館)なども設計しています。
 また、新しい建物を造るばかりではなく、古い建物を保存することを唱え、「博物館明治村」の開村に尽力し、初代館長となりました。
 谷口吉郎は建築の理念を「清らかな意匠」と言っています。

■建築の美しさ
建築こそ歴史の花であろう。
過去の花、現代の花、色とりどりの中で、
いつも私の心をひくものは、
その建築の美しさにひそむ清浄な意匠心である。

『雪あかり日記』より 

豆知識
 吉郎は昭和13年、ドイツの日本大使館庭園を造るためベルリンに渡りました。このドイツ滞在が後の建築に大きな影響を与えたといいます。この時の様子は『雪あかり日記』にまとめられています。

展示品
ゆかりの地
石川県繊維会館(現・西町教育研修館)
1952(昭和27)年建築。室内に折り鶴型の蛍光灯や宮本三郎による壁画が残っています。
石川県美術館(現・石川県立伝統産業工芸館)
1959(昭和34)年建築。この美術館を設計するにあたって、「陳列品を主役とし、建築は脇役になるような意匠が大切だ」と語っています。
金沢市観光会館(現・金沢歌劇座)
1962(昭和37)年建築。谷口監修。タイル貼りのピロティや戸室石の使用など、谷口建築の特徴がよく表れている。
金沢市立玉川図書館
1978(昭和53)年建築。長男で建築家である谷口吉生氏との共同制作です。親子での共同制作は、この建物が唯一となります。
徳田秋聲文学碑
1947(昭和22)年建立。卯辰山公園にある徳田秋聲の文学碑で、日本で最初の文学碑といわれています。
室生犀星文学碑
1964(昭和39)年建立。ひな人形を幾分抽象的にした文学碑です。この人形は川と女性をモチーフにしたと本人は語っています。
四高記念碑
1958(昭和33)年建立。石川四高記念文化交流館前にある碑で、「南下軍の碑」とも呼ばれています。上部の3人の学生像は金沢出身の彫刻家・吉田三郎によるものです。
第四高等学校寮歌記念碑
1971(昭和46)年建立。石川四高記念文化交流館前にある碑で、「北の都の碑」とも呼ばれています。四高の校章をモチーフにしています。
噴水広場/いしかわ四高記念公園
1973(昭和48)年建築。中央公園の北西隅にあります。当初は噴水を造る予定でしたが、実際は人工滝となったため、現在は「カスケード広場」と呼ばれています。
石川県立金沢第二中学校(現・金沢くらしの博物館)
谷口吉郎が通っていた石川県立金沢第二中学校は、金沢くらしの博物館として民俗文化財が展示されています。二中時代の写真もあり、当時の様子を知ることができます。
第四高等学校(現・石川四高記念文化交流館)
谷口吉郎が通っていた第四高等学校は、石川四高記念文化交流館として公開され、当時の四高の様子を知ることができます。
四高校庭趾
谷口吉郎が通っていた第四高等学校の跡地(いしかわ四高記念公園)にある記念碑です。四高同窓会によって建てられました。
参考文献
『谷口吉郎著作集』 谷口吉郎、1981、淡交社
『谷口吉郎作品集』 谷口吉郎作品集刊行委員会、1981、淡交社
『谷口吉郎展』 日本建築学会谷口吉郎展実行委員会、1997
『かなざわ偉人物語』 ふるさと偉人絵本館編集委員会、1999、金沢市立泉野図書館
『素顔の大建築家たち 02』 日本建築家協会、2001、建築資料研究社
リンク

PAGE TOP