トップページ > 利用案内

利用案内

記念館について

設立の目的

幼い頃に母を亡くした泉鏡花。明治、大正、昭和にかけて亡母憧憬を基底とする浪漫と幻想の世界を紡ぎ出し、多くの小説や戯曲を生み出した鏡花は、やがて浪漫主義文学の大家と称され、また天才とも謳われるようになりました。
「義血侠血」「高野聖」「婦系図」「歌行燈」「日本橋」「天守物語」などまばゆいばかりの傑作の数々は、文学の世界だけでなく、視覚芸術である舞台や映画という手法によっても表現され、現在も人々に愛され続けています。
当記念館では、金沢の生んだ文豪泉鏡花の作品世界の魅力を様々な角度から捉え、親しみ味わって頂こうと考えています。ここ、鏡花が幼少時代を過ごした生家跡に建つ当館で、作品はもとより、鏡花の生涯やその独特の美意識に触れることのできる展示をお楽しみ下さい。

立地

記念館は、泉鏡花の生家跡(生家は残念ながら明治時代の火災により焼失)に建つ木造二階建と土蔵三棟からなる建物を改修して整備されたものです。
鏡花が生れ育った当時の町並みの面影を色濃く残す地域にあり、浅野川、主計町茶屋街、ひがし茶屋街と隣接しています。

建物概要

木造瓦葺き2階建て
続き棟土蔵3棟 改修(一部増改築)

敷地面積 669.82m2
建築面積 332.97m2
延床面積 431.09m2
玄関・ホール 19m2 (増築)
講座室 30m2 (土蔵)
応接室 12m2
第一展示室 17m2 (土蔵)
第二展示室 74m2
第三展示室 40m2 (土蔵)
受付・ショップ 60m2

入館について

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

年末年始(12月29日~1月3日)
※その他展示替えなどで休館することがあります。
(Topページでご確認ください。)

入館料

一般 300円
一般 団体(20人以上) 250円
65歳以上・障害者手帳をお持ちの方
およびその介護人 (※祝日無料)
200円
高校生以下 無料

共通観覧券

1日券 (利用日のみ有効) 510円
3日間 (利用開始日から3日間有効) 820円
1年間 (発行日から1年間有効) 2,050円

金沢市文化施設共通観覧券についての詳しい説明は、こちらのページでご確認いただけます。
http://www.kanazawa-museum.jp/passport/

交通案内

駐車場

 ・金沢蓄音器館との共同駐車場(記念館横) 4台
 ・東山観光駐車場(有料・徒歩5分)をご利用ください。


Google Mapで地図を見る

バス

ふらっとバス
JR金沢駅東口11番バスのりばから
「金沢ふらっとバス(此花ルート)」
彦三緑地下車 徒歩5分

北鉄バス
JR金沢駅東口3番バスのりばから
「城下まち金沢周遊バス」右回り
橋場町(金城楼前)下車 徒歩3分

広坂・21世紀美術館バス停から
「城下まち金沢周遊バス」左回り
橋場町(金城楼向い)下車 徒歩3分

ページトップへ

もどる

HOME

ページトップへ

泉鏡花記念館

〒920-0910 石川県金沢市下新町2番3号
TEL(076)222-1025 FAX(076)222-1040
MAIL:kyouka@city.kanazawa.ishikawa.jp