主な収蔵品

黒漆塗黒糸威二枚胴具足

前田利政所用と伝わる具足である。
黒漆塗りの二枚胴に籠手、臑当、佩楯、兜、頬当が附属する当世具足
兜は兎耳をかたどった変り兜。鉄板6枚を矧(は)ぎ合わせた鉢に兎の耳形に張懸し、銀箔を押す。銀兎耳形兜(ぎんうさぎみみなりかぶと)の名称がある。
頬当は鉄打出しの目の下頬で、切付小札毛引威4段のが付く。
胴は立挙3段・長側5段の桶側二枚胴。碁石頭伊予札を縫延て菱頭鋲で綴じ、全体に黒漆を塗り、長側の下2段にはさらに銀箔を押す。草摺は碁石頭伊予札を縫延た上に黒漆を塗り、黒糸で5段に素懸威したものを前胴に3間、後胴に4間下げる。
佩楯は伊予札を韋紐で綴じて黒漆を塗り、6つの円弧文の中心に丸文を配した文様の地に金箔を押す。
籠手は丸筏金の小篠を鎖で連ねて家地に綴じ付ける。菊形の臂金具と手甲が付く。
臑当は7本の篠を5箇所の鎖で繋ぐ篠臑当。立挙と鉸具摺は後補である。
札や家地、威糸に至るまで全身を黒一色で統一しつつ兜・胴・佩楯に金銀を配置する色彩および全体の造形は、見る者に強い個性を印象づける。現代においても充分通用するそのデザインは、家祖利政の高い芸術感覚を今に伝えている。

収蔵品名 黒漆塗黒糸威二枚胴具足 (くろうるしぬりくろいとおどしにまいどうぐそく)
桃山 16世紀 前田利政所用
兜刻名 春田勝光
収蔵品一覧へ 次の収蔵品を見る
ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団