主な収蔵品

刀 銘 秋之嵐 拵共

室町時代後期を代表する美濃の刀工2代兼元の作と伝えられる。2代兼元は孫六と称し、尖った互の目が連続する「三本杉」の刃文を得意とした。
この刀は、反りは浅く、兼元の特長である三本杉の刃文を持つ。茎(なかご)に表銘「秋之嵐」(銀象嵌)と裏銘「織田七兵衛所持」がある。その刃文が、あたかも秋風に枯葉が翻っているような趣があるところから「秋之嵐」と銘されたのであろう。
鞘は、栗色に波の地文、その上に五三桐紋を金で平蒔絵する端正な姿である。柄は白鮫着せ山吹糸巻き、目貫は獏をあしらっている。時代とともに当主の好みに造り替えられ、栗形・返角などの金具に剣梅鉢紋が象嵌されている。
家祖前田利政より嫡男直之に譲られ、その後代々家宝として土佐守家に大切に伝えられたものである。利政は名物「二念仏兼元」の所持者でもあり、兼元作の刀とはゆかりのある人物である。

収蔵品名 刀 銘 秋之嵐 拵共 (かたな めい あきのあらし こしらえとも)
銘表 秋之嵐(銀象嵌)
裏銘 織田七兵衛所持
関兼元作
室町 16世紀
前田利政所用
前の収蔵品を見る 収蔵品一覧へ 次の収蔵品を見る
ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団