主な収蔵品

芳春院自筆書状

芳春院(1547~1617)は前田利家の正室で名はまつ。利家との間に2男9女をもうけ、利家死去後剃髪し芳春院を名乗る。関ヶ原の合戦直前に人質として江戸に下り、以後15年にわたる人質生活を送る。長男で2代藩主利長の死去後金沢に戻り、その3年後の元和3年(1617)71歳で死去。
利政の嫡男で自身の孫にあたる直之の乳母に宛てた自筆書状。本館にはこの書状を含め、計5通の芳春院自筆書状がのこされている。 この書状は、「ほう(=坊)」つまり後の直之の病気を心配し、その乳母に病状を問い合わせたもので、「とくをくい申し候ゆへと思いまいらせ候」(毒を食べたのではないのか)などと述べている。

収蔵品名 芳春院自筆書状(ほうしゅんいんじひつしょじょう)
年月未詳9日
前の収蔵品を見る 収蔵品一覧へ 次の収蔵品を見る
ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団