主な収蔵品

四戦場之図屏風

前田利家または前田利長が参戦し、加賀藩成立の基礎となった代表的な4つの合戦の陣立てを描く。
右隻第1~3扇に姉川の合戦、同第4~6扇に梁ヶ瀬(=賤ヶ岳)の合戦、左隻第1~3扇に長湫(長久手)の合戦、同第4~6扇に関ヶ原の合戦の、それぞれの陣立てを描き、合戦の経緯を文章で解説する。
加賀藩の兵学・軍学者有沢永貞(1638~1715)の筆による原本を、前田土佐守家の儒臣である岡野温厚が筆写したものと思われる。

収蔵品名 四戦場之図屏風(しせんじょうのずびょうぶ)
掛け軸 六曲一双
江戸後期 19世紀後半
岡野温厚
前の収蔵品を見る 収蔵品一覧へ 次の収蔵品を見る
ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団