主な収蔵品

采幣 金采・銀采

采幣(采配)は、軍隊の指揮者が所持し、一定の規則に従って動かすことで部隊や陣形を指揮する道具である。似たような用途を持つものとして軍扇や軍配などがある。
この采幣は前田利政所用と伝わるもので、金采と銀采の2握が伝来している。和紙を細長く切り金箔・銀箔を押したものを束ねて総(ふさ)としている。金采の柄は欠損しているが、銀采には金梨子地蒔絵を施した柄が付く。この柄は川中島の合戦において武田信玄が使用した采幣の写しとされている。黒漆塗の収納筒が双方に附属し、それぞれに由来が記されている。

収蔵品名 采幣(さいはい)  金采(きんさい)・銀采(ぎんさい)
桃山 16世紀
前田利政所用
前の収蔵品を見る 収蔵品一覧へ
ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団