用語解説
二枚胴(にまいどう)
 当世具足の胴の形態の一つ。胴を前後2つに分割し、片側を蝶番で留めて開閉できるようにしたもの。胴が2枚に分かれることからこのように呼ばれる。通常は左脇に蝶番を入れるので引合(ひきあわせ)は右脇となる。当世具足では二枚胴が最も多く見られるが、このほかに三枚胴、五枚胴、六枚胴などがある。

当世具足(とうせいぐそく)
 戦国時代に使用されだした用語で、胴に兜や籠手、佩楯、臑当などの小具足を備えた防具一式を指す。これに対し、平安~南北朝の大鎧、胴丸、腹巻などの防具を昔具足という。

張懸(はりかけ)
 当世具足に使用される技法のひとつで、特に変わり兜に使用されることが多い。和紙を張り合わせて様々な形をつくり、その上に強度を保つために漆を塗る。

切付小札(きっつけこざね)
 日本の甲冑は基本的に札(さね)と呼ばれる小さな部品を連結して構成されている。札を縦横につなぎ合わせることで充分な強度と柔軟性をあわせ持たせている。
 札には本小札(ほんこざね)や伊予札(いよざね)、板札など多くの種類がある。切付(きっつけ)とは、横に長い板の上部を切り付けて(切り込みを入れて)外観を本小札や伊予札のように見せかける手法である。細長い小札を重ね合わせたものを本小札というが、切付板の上部に切り込みを入れて本小札のように見せたものを切付小札という。

毛引威(けびきおどし)
 威(おどし)の手法の一つで、威糸が横に連続するもの。
 威とは、札板(小札や伊予札を横に綴じて長い板状にしたもの、もしくは1枚の横長の板)を糸で縦につないでいくこと。この手法により甲冑各部分の伸縮性が高まり、結果強度と柔軟性をあわせ持つ防具の製作が可能となった。威という手法は古墳時代の挂甲(けいこう)という防具に既に使用されており、大陸の騎馬民族が使用した防具にその源流を辿ることができるとされている。

垂(たれ、すが)
 喉元を防御するために頬当の顎下に付けられる部品。元来は喉輪(のどわ)という独立した面具であったが、しだいに頬当に付随するようになった。

桶側(おけがわ)
 当世具足の胴形式の一つ。桶側胴。札板を威さずに(もしくは威した風に見せて)鋲などで綴じたもので、桶のように自立し形状が桶の側板に似ることからこの名がある。上下の伸縮性はほとんど無いが防御効果は高い。

伊予札(いよざね)
 札(さね)の種類の一つ。本小札は半分ずつ重なるためどの部分を見ても札が二重に重なっているが、伊予札は端の部分のみが重なりそれ意外の部分は一重である。札の強度が充分であれば本小札よりも製法が簡略であるため、技術の発達に伴い室町期ごろより多く製作されるようになり、戦国時代の当世具足に隆盛を見る。頭の形状により、碁石頭、矢筈頭などの名称がある。伊予国で考案されたためこの名があるという。

草摺(くさずり)
 腰から腿上部を防御する防具で、胴の下に取り付けられる。当世具足では、前胴に3つ後胴に4つの計7間下がりとするものが多い。

素懸威(すかけおどし)
 威(おどし:札を糸で上下に連結する手法)の手法の一つで、毛引威に比べ威糸が太く横の間隔が大きい。伊予札や板札の出現により威糸を密集させる必要が無くなったため考案された手法と考えられる。

佩楯(はいだて)
 草摺と臑当の間、大腿部から膝までを守る防具。前掛けのように腰に帯で結ぶ。裏には踏込みという布や鎖で作られた枠があり、そこに足を通すことで佩楯が足から離れにくくしている。

鉸具摺(かこずり)
 臑当の内側下部にある革張りの部分。馬に乗った場合、鐙(あぶみ)の鉸具頭(かこがしら)と臑当のこの部分が当たるため、双方の損傷を防ぐ目的で革を張るようになった。