企画展案内

企画展「幕末維新期の前田土佐守家―前田直良・直会・直信―

開催期間 平成28年7月11日(月)~9月25日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時
(閉館30分前までにおはいりください)
観覧料 一般 300円
65歳以上・障がい者手帳をお持ちの方およびその介護人 200円(祝日は無料)
高校生以下無料団体(20名以上)250円
主催 前田土佐守家資料館、公益財団法人金沢文化振興財団
協力 石川県立歴史博物館
直方

幕末維新期の前田土佐守家―前田直良・直会・直信―
長く続いた徳川支配体制が崩壊し、新しい国家体制に向かって動き出した幕末維新期において加賀藩を導いた藩主は13代前田斉泰と14代前田慶寧です。そして、この時期の前田土佐守家の当主は8代直良・9代直会・10代直信の3人です。 前田土佐守家は、新しい国家体制に向かうなかで揺れ動く加賀藩政および加賀藩主を年寄役として支え続けました。とりわけ十三代加賀藩主前田斉泰は前田土佐守家に大きな信頼を寄せており、8代直良、10代直信には次々と重要な任務を任せています。また、9代直会は、実は斉泰の八男で、誕生直後に8代直良の養子となり、のち前田土佐守家を嗣ぎました。 本展では、幕末維新期の加賀藩の動向や13代加賀藩主前田斉泰と関わりの深い8代直良・9代直会・10代前田直信の3人の前田土佐守家当主について紹介します。

ページトップへ

もどる

HOME

ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団