ブログ

HOME > ブログ

ブログ(2013年5月)

2013年5月

百万石まつりの提灯行列
2013年5月31日

 明日の午後、金沢駅を出発する百万石行列のパレードが行われますが、今日は前夜祭として提灯行列が行われます。
 その提灯行列の集合場所として当館の前にたくさんの地元の方が集まってこられたので、思わず写真撮影してしまいました。集合場所とはいっても、小学校の高学年たちは別の道で市役所に向かい、市長さんと万歳をしてから、ここで低学年と合流するのだとか。
 小さなお子さんのかわいい法被姿にもしばらく癒されましたが、提灯に次々と火を入れて行列になった後も幻想的でした。あいにくうまく写真を撮れませんでしたが、しばし雰囲気に浸らせていただきました。

ゴジラ!?
2013年5月28日

 今日も少しずつ映画のチラシを額に入れています。できるだけたくさん点数を出したいので、どうしても表紙が中心になります。でも写真の資料は全部で6点しかないので、どれか一つ中身を見せようと思って開いてみました。
 ん?このシルエットは…?

 ゴジラだ!!

 という訳で写真のようなレイアウトになった次第ですが、チラシの年代は昭和29年。つまり最初のゴジラの映画です。この年に起きたビキニ島の核実験によって起きた「第五福竜丸事件」がきっかけでつくられたものです。以後、たくさんのゴジラ映画が作られてきましたが、まさにその原点をこうした形で見ることができるとは思いませんでした。
 企画展はまだ先ですが、もしこのブログをご覧になったら、会場で注目していただけたらと思います。

セロファンをはる日々
2013年5月23日

 来月の企画展に備えて少しずつ準備を進めています。この数日は新聞を額に入れ、見てほしい所を囲う作業をしています。
 他の館でよく見かける(?)赤い矢印とか線とかがあるので、それを再現したいのですが、どうしたらいいか分かりません。
 とりあえず今回はセロファンを細長く切って、額にノリではりつけるという荒技?をすることにしました。
 しかし、欄が細かいので、意外にたくさんのセロファンが必要です。薄くてピラピラしたセロファンをきれいにまっすぐにカッターで切るのはとても難しいので、太さがバラバラなのは見逃していただければと思います。

 でも、ここまでして気づいてしまった…。最近よく流行しているマスキングテープの赤系の色を選んでカッターでぐるっと一周して切ってしまえば、幅が揃って簡単にはることができたのでは…。
 まぁ、残り2枚で気づいてもやり直す方が大変なので、今後の課題とさせていただきます(泣)。

こんなことにも使っています
2013年5月12日

 新聞とアイロン。とても不思議な取り合わせのようですが、当館ではよく見かける光景です。

 きっかけは破れて折れ癖がいっぱいついた古い双六をいただいたことでした。戦前の雑誌の付録なのですが、広げるとけっこう大きな物で、紙をきれいに伸ばしてしまうのは困難でした。
 そこで…ネットで調べてアイロンで伸ばせるらしいとあったので、実行してみました。おそるおそるした結果は、大成功でした。とはいってもシワは基本的にとれませんので、跡は残るのですが、きれいに収納するには十分です。

 低温でドライにしたアイロンで、思い切って(?)かけるのが当館のやり方ですが、危ないのであまり真似しないでくださいね(汗)とりあえず今回いただきましたタンスの底にあった新聞をきれいにのばしてしまうことができました。ちなみに写真の新聞は来月の企画展で展示する予定です。

ホンモノです
2013年5月7日

 玄関ホールの隅にどんと鎮座している水槽。今日も色とりどりの熱帯魚たちが泳ぎまわったり、縄張り争いをしたりと、小さな世界の中にいろいろな動きが見られます。

 しかし、最近はハイテクが進んでいるので、お客様に「(映像じゃなくて)本物の魚だったんだ」と言われることも時々あります。

 「なんで熱帯魚?」と言われると困るのですが、もともと他の施設にあった水槽が諸事情によって当館に来たので、魚の種類はこちらが指定した訳ではないのです。当館のテーマである昭和のくらしだと金魚とかが似合うと思うのですが、水槽がやってきて数年経過した今はすっかり存在に慣れてしまいました。
 ちなみに業者さんがメンテナンスされていますので、いつの間にか魚の種類が変わったりしています。魚の名前は業者さんに聞かないと分からないので、ご案内できないのが残念ですが、きれいなお姿を楽しんでいただければ幸いです。

着物イベント最終日
2013年5月5日

 着物イベントも最終日。今回は3日間だけの開催ですが、去年はお試しイベントとして1日しか開催しなかったので、参加してもらえるだろうかとハラハラしていました。けれども、思いのほかたくさんの方にご参加をいただきました。
 さすがに常に参加者がいるという訳にはいかず、少々お手すきの時間帯もありましたけれど、ボランティアさんに手伝っていただいて、次回の着物体験に備えて着物の整頓もできました。
 来年以降はどれだけリピーターさんに参加してもらえるかが、課題です。でも、「お雛様の時も来ましたよ」と言って下さる方も何人かおられましたので、今後も来て頂けるように頑張りたいものです。

間に合いました
2013年5月5日

 今回の着物イベントに合わせて玄関ホールに生けていただいた菖蒲の花が咲きました。菖蒲=勝負に通じるそうで、端午の節句にはまさにぴったりの花です。
 菖蒲の花は咲いたら一日しか持たないそうなので、着物イベントの最終日まで持つようにとボランティアさんがいろいろと考えて用意してくださったものです。こいのぼりと記念撮影する際にはぜひ、こちらも撮影してあげてください。

 ところで、金沢では菖蒲湯は月遅れの6月5日に入ります。スーパーでもその時期になると菖蒲を売ったり、銭湯などでも菖蒲湯をしたりします。県外出身の学芸員には珍しく写りましたが、今では当たり前のようにその時期になると菖蒲湯に入るようになりました。
 こうした金沢の菖蒲湯の事情に合わせて端午の節句展も6月5日に近い日まで開催していますので、まだまだこいのぼりや五月人形はご覧になれます。ぜひお越しください。

着物体験イベント初日
2013年5月3日

 昨日のテレビ金沢「隣のテレ金ちゃん」の生中継でも宣伝いたしましたが、今日から端午の節句にあわせた子供さんの着物イベントが始まります。初日の今日は予約がいっぱい入って、たくさんの子供さんたちが来てくれました。
 目玉の一つ「こいのぼりのカーテン」は、着付会場の正面なので、さっそく撮影させていただきました。
 お兄ちゃんのかっこいいポーズと、かわいい妹さんとの2ショットがたまりません。ちょっと妹さんの振袖が長すぎてハラハラしましたが、草履を履いたらよいバランスになりましたので、館内をゆっくりと回っていただきました。
 なお、お雛様の時は女の子は結び帯をしていますが、この時期は汗をかきやすいので、全員浴衣用の兵児帯(房帯)とさせていただいています。

おもりをつけてみました
2013年5月2日

 ゴールデンウィークだけこいのぼりをあげているのですが、なぜかお顔がさかさまになる事が多くて、きれいな写真がとれずに悔しい思いをしていました。ロープにつけるときはきちんととりつけているのですが、金具の一つが自由に回転してしまうので、ひっくり返りやすいようです。
 でも、室内に展示しているこいのぼりのうち、いくつかは口の中(下側)「バランスウェート」なるものがついています。ということは、何かおもりを追加すればいいのでは?

 そこで、ちょっと古くなったおもりを職員さんから提供していただき、とりつけてみました。
 そんなに重くないのですが、狙い通りにちゃんと顔の向きが揃いました!これでいつでもこいのぼりさんが撮影できることでしょう。あとはタイミング良く強い風が吹いてくれるかどうかですが(汗)
 ちなみに屋外の展示はゴールデンウィーク限定なので、6日までとさせていただきます。

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:kurashi@kanazawa-museum.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団