ブログ

HOME > ブログ

ブログ(2013年6月)

2013年6月

体験講座「コマやけん玉で遊ぼう」
2013年6月30日

 今日はついに体験講座の本番。講師によるひも付コマの回し方の指導をじっくり拝見し、「ほぉ~あそこまで巻くのか」などと思いながら、見よう見まねで学芸員もコマ回しにチャレンジさせていただきました。
 勢いよく投げないとコマは回らないと思っていましたが、ちゃんと正しい方向に投げれば力は余計ないらないのだと実感いたしました。
 でも、何もない空中に向かって投げるのが難しいですね。理屈上はコマを水平方向に投げればいいと分かっていても、ついつい地面に向かってコマを投げてしまいます。なかなか着地がうまくいかない学芸員は気持ち下から上に向かって投げるとよいとの指導をいただきました(メモメモ)。今は職員さんに頼んで回してもらったりしてるのですが、やはりこういう職場にいる以上、いつでも回せるようにならねばです(汗)。
 お客様にはけん玉やコマ作り以外にも、室内にある昔ながらのおもちゃで遊んでいただき、楽しいひと時を過ごしていただけたようで幸いです。また機会があれば開催したいと思います。

タイサンボクの花
2013年6月26日

 出前講座から帰ってきたら、博物館の周りの緑の木々の中に白いものがポツンと見えました。気になって近づいたら、大きな花が咲いていたので、思わず写真を撮ってしまいました。

 あとで調べたら、この木は「タイサンボク(泰山木)」で、アメリカ原産の木でした。よく公園などに植えられているそうです。
 しかし、今まで花を見た記憶がないので、大きさにびっくり。たった2日間しか咲かないそうなので、見落としただけかもしれませんが、木が成長すると毎日次々と新しい花が咲くそうです。でも、他に花が咲く気配がないので、まだ木が若いということでしょうか?
 とりあえず、次の花が咲いたらもっときれいに撮れるように頑張ってみたいと思います。ちなみにタイサンボクは駐車場に入る小道を少し入った左手にあります。

老舗記念館花嫁のれん展
2013年6月25日

 来月1日から始まる金沢市老舗記念館の「花嫁のれん展」のお手伝いに行ってきました。七尾から借りてきたものや、市内から集めたもの10数点が飾られていますが、当館の花嫁のれんも一緒に飾られています。

 写真は「おえの間」の空間の高さを利用した展示で、分かりにくいかもしれませんが、6点写っています。この日は全部で7点かけましたが、まだ3点ほど追加してかける予定です。
 右手奥にある花嫁のれんをくぐりぬけて奥に向かうと、書院の間などにものれんを展示してありますので、戦前から戦後にかけていろいろなのれんを見ることができます。9月27日(金)まで開催されていますので、長町方面にお越しの際は、是非ご覧ください。

ただいま実験中
2013年6月23日

 いよいよあと一週間となった「コマとけん玉で遊ぼう」イベントに備えて、手作りのコマの準備をしています。
 どうせなら、いろんな形を作って回してみよう!と四角形、六角形、八角形も作りました。でも、回したらちゃんと円形に見えるので、いい感じです。
 しかし、悩むのが配色。いろんな色で塗ってみましたが、回ると汚い色になって台無しになってしまうモノがあり、我ながらショックでした。
 職員さんに手伝ってもらって、塗っているうちにだんだんはまってきてしまい、さらにたくさんのコマが出来上がりました。写真に写っていませんが、いろいろ当日回していただき、参考にしてオリジナルの色に塗っていただければと思います。

戦前の映画チラシを提供していただきました
2013年6月20日

 企画展「昭和の金沢の映画チラシ」の初日に、戦前の映画チラシを持参してくださった方がいました。だいぶ点数があったので、やっと目録作りが終わり、閉館後に一気に展示しました。

 今回追加したので最も古いのは、なんと大正13年。金沢は太平洋戦争で空襲にあっていないので、時々古い資料が出てくるのですが、驚きです。
 大切に箱に入れて保管してあったそうで、よくぞ残っていた!というのが正直な感想です。

 でもすでに展示していた資料をしまう訳にもいかないので、苦しいレイアウトは覚悟の上で、ぎゅうぎゅうに詰めさせていただきました。
 なお、追加したのは第二菊水、帝国館(後のムービー菊水)、松竹座、スメル館、豊洲館(後のロマン菊水)です。

浴衣を着てみました
2013年6月17日

 そろそろ暑くなってきたので、百合ちゃんを浴衣に着せかえてみました。
 過去にいただいた資料の中にあったもので、大柄のカトレアがあちこちに描かれたものです。一気に夏らしくなりましたね。

 しかし、相変わらずお顔が小さくて素敵なスタイルです(うらやましい…)。子供らしく作ったはずだったのに、どこか大人びているような…。単に体を作る時に大きさを間違っただけなんでしょうが(汗)。

 本当はかかしさんとしてそろそろ表に出て頂く季節なのですが、おしゃれな浴衣を着せてしまったので、まだまだ玄関先でお迎えしていただくことになりそうです。

ケンケンパ、リニューアル(?)
2013年6月10日

 先週年に一度のワックスがけがありましたので、ついでにケンケンパを消して書き直すことにしました。
 という訳で、閉館後に一つずつ丸を書いていくのですが、写真のようにプラスチックタライを置いて線を引いていきます。たまたま手ごろなサイズがあったので、大いに助かりました。まさかこんな用途に使うとは思わなかったですけど。
 前回は勢いで書いたので、ちょっと斜めにゆがんでいましたが、今回は巻き尺でびしっと揃えましたから、飛びやすくなったかと思います。ついでに四角いケンケンパも飛び順が分かるように数字を入れてみましたので、是非遊んでみてください。

なんともいえない魅力
2013年6月4日

 今回の展示替えは点数が多いのでだいぶ手間取っていますが、ミニ展示「全国の郷土玩具」でちょっとほんわりとしてしまう場面がありました。
 それが写真のこの方です。なんだと思われますか?
 ポイントは胴体に入った白い点々です。

 正解は・・・ムツゴロウでした。有明海や八代海の干潟の泥に住んでいるということで、泥人形なのかもしれませんが、ちょっと不思議なお姿なので、思わず紹介してしまいました。
 しかし、この郷土玩具は全国各地に旅行された方が大切にコレクションされていたものばかり。一つの県でいくつもあったりしますので、手荷物をいっぱい抱えながら旅をされたのかなと思ったりします。家に帰ってからも大事に保管されていたからこそ博物館に来たのですが、その熱心さには頭が下がります。ちなみに今回はお二人の方のコレクションなのですが、450点+150点=600点となる予定です。

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:kurashi@kanazawa-museum.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団