ブログ

HOME > ブログ

ブログ(2013年10月)

2013年10月

最後のお色直し
2013年10月31日

 本日、閉館後にこそこそっと作業させていただき、やっと最後のお色直しが終了しました。

 玄関の花嫁のれんはこれまた戦前のものですが、生地が縮緬から羽二重に変わりましたので、少々大きくなっております。
 「加賀の婚礼」では、花嫁さんの打掛を入れ替えましたが、地味なように見えてあちこちにちりばめられた加賀繍の風景がかなり精巧に作られています。有名な浮世絵をモチーフとしておりますので、見たことがある絵を見つけると、うわ~本物の絵みたいと思っていただけるかと思います。地元金沢の風景もありますので、最後のご登場となりました。

背中、背中!
2013年10月31日

 いよいよ来月は湯涌江戸村で「かかし大集合」が行われます。当館のかかしたちも、日頃「湯涌かかしファンクラブ」にお世話になっておりますので、御礼かたがた参加させていただくことになりました。
 搬入作業に備えてかかしを外しているのですが、ちょっとした「いたずら」を思いついたのが写真の結果です。夏の間おとなしく「虫取りぼうや」のカゴの中におさまっていたカブトムシが逃げ出したようです。それに気づかず、虫取りに夢中になっているぼうやに気づいたら、声をかけてあげてください。

 数日前から玄関にいなくなっていた百合ちゃん、こっそりメンテナンスしていました。去年作ったボディはまだ全身にペットボトルを使う技術が完成していなかったので、手足がちょっと外れやすくなっていました。少々がっちりしてしまいましたが、指先にも針金が入りましたので、ピースさせたりいろんなことができそうです。足元もずっと未完のままでしたが、下駄や草履が履けるように改造しました。写真では目立ちませんが、足袋ソックスを履いています。お客様から襟元の開き具合が気になるとのご指摘もありましたので、ピンクのかわいい半衿をつけてみました。
 そして午後、かかしたちは江戸村へ出発してしまいましたが、留守番役としてニューフェイス「今日子」さんが登場しています!
 実は数日前からいましたので、すでに目撃された方もいらっしゃるかもしれませんが、「二重」のぱっちりお目々が特徴です。名前が分かりやすいように名札もつけました。もちろん、お名前は有名な方からいただきました。急に若いお姿を登場させてしまいましたので、一瞬「誰?」と思われるかもしれませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

とても素敵な五色生菓子です
2013年10月30日

 本日、手作りの五色生菓子をお持ち下さった方がいらっしゃいました。見るからにとっても美味しそうでしたが、ちりめんで作られた物だそうで、さっそく展示ケースに飾らせていただきました。残念ながら、スペースの都合上特別展の部屋に飾るのは難しかったので、同時開催の「加賀の婚礼」の方で紹介させていただいております。
 当館ではロウ細工(?)の五色生菓子を展示しているのですが、やはり布だとやわらかさが出ますね。ただ、真ん中の「いがら」は米の粒々をまわりにまとわせているのが特徴なので、再現するのが難しかったそうです。着物もなかなか黄色い物はないので、絞りの入った帯揚げを利用されたそうで、なるほど~と感心しまくりでした。
 そんな素敵なちりめん細工の五色生菓子は12月1日の最終日までご覧いただけますので、是非ご注目ください。

イメージキャラクターデザインと表彰式
2013年10月26日

 当館は今年で開館35周年です。と言いつつ、あまり目立つ事業をしていなかったのですが、やっと一つご報告できました!
 博物館のイメージにあうかわいいキャラクター(ゆるキャラ)を作ろうと、校区である小立野小学校の生徒さんにご協力いただき、なんと134点もの応募をいただきました。夏休み前にお願いしましたので、夏休みを利用して来館し、「キャラクターを考えなきゃ」と館内をじっくり回られる方もおられましたが、おかげさまで素敵なキャラクターが誕生しました。なお、ご応募いただいた作品はすべて館内で飾っておりますので、あまりの多様さに悩みながらの選考であったことも汲み取っていただければ幸いです。

 本日最優秀賞、準優秀賞、そして優秀賞の方に来ていただき、表彰式を執り行わせていただきました。右の写真は北國新聞さんの要請で立っているところです。こういう見せ方もあるんだな~と思いつつ、無事に掲載されることを願っています。
 今後は最優秀賞(右上)と準優秀賞(左上)の2つのキャラクターが当館で活躍することになりますが、今回はあくまでデザインの募集ということで、親しみやすいようにお名前は広く募集することになりました。後日HPでも詳細を紹介する予定ですが、できれば来館された時に原画を見てお名前を考えていただければ幸いです。募集期限は12月20日(金)としましたので、年明けに結果を報告できればと思っております。

追記。翌日無事に北國新聞に大きく記事を掲載していただきました。ただ、「金沢」エリア情報での掲載ですので、ご注意ください。

お色直しと大正ロマン
2013年10月20日

 着物体験も今日でついに最終日。一日雨とあいにくのお天気でしたが、キャンセルなく来ていただき、無事に終えることができました。
 さて、着物選びに悩む方が一日にお一人はいらっしゃるのですが、時間や空き具合によっては、「お色直し」をさせていただいています。今日はなんと姉妹お二人がお色直しをされました。写真はお色直し後のお着物ですが、大胆な配色に大きな薬玉柄で、大正ロマンな感じがします。大胆すぎるゆえになかなか着る方は少ないのですが、二枚目の選択でお目にとまり、久しぶりのご活躍となりました。しかし、この子供用の着物を作った方もある意味すごいですし、譲っていただいたからこそ当館にある訳でして、不思議な巡り合わせだな~と思っています。
 そんなこんなで今年の着物体験は終了し、次は来年の正月の着物で旗源平(小学生限定)となります。今回のイベントから受付メモに「お初・リピーター」欄を作ってみましたが、なんと半分以上がリピーターさんでした。お初でも「リピーターさんに聞いたから」という方もおられまして、本当にありがたいことです。これからもリピーターになっていただけるように頑張っていきたいと思います。

着物姿にうっとり
2013年10月19日

 昨日のブログに掲載したクッションですが、お店でよく似た物を見つけることができたので、さっそく使っていただきました。本当にいい情報をいただいたと感謝感謝です。
 しかし、小さな子供さんの着物姿って本当にいいものですよね。春先のお雛様のイベントは春休みに重なるため大人数であわただしいのですが、秋は全体的に参加者数が少ないので、まったりとさせていただいています。そんな中で本日最大グループは女の子5人連れ。お友達や親戚などで誘い合って来て下さる方がおられるのですが、これだけ並ぶと素敵ですわぁ~。まさに目の保養です。まぁ、着るのに少々お時間をいただきますが、おもちゃもある部屋ですので、小さい方は遊びながら待っていただくこともできます。

 子供さんたちもある程度の年齢に達するとこだわりがありますから、自分で着物や帯などを選んでいただいたりしています。そして髪飾りも選ぶ時は選ぶ訳で、鏡の前でどれが似合うかな~と考える姿も見てて愛らしいです。でも、見てると割と第一印象で決まるみたいで、すんなり選ばれることが多く、そしてとってもお似合いです。
 そしてまれに着物を着るのを嫌がる子供さんもおられますが、なんとか着せた後に鏡を見ると「これ、私?」みたいにうっとりされることもありますので、頑張らせていただいております。着物を気に入って一時間以上そのままでいたり、脱ぐのを嫌がる方もおられますが、いろんな子供たちを見るにつけ、着物にふれる機会を作ってよかったなと思います。
 一応、30分で最大6人までとさせていただいていますが、それ以上の場合でも余裕があればお受けしています。ただ、あまり直前だと厳しいので、できれば早めにご予約いただければ幸いです。

本日の最年少
2013年10月18日

 今日は朝一番から着物体験のご来客がありました。最初は2人だけのご予約だったのですが、ご一緒された赤ちゃんにも着ていただきました。0歳からOKとしておりますので、小さく肩上げ+腰上げしたものを何枚かご用意してますので、写真の着物を選んでいただきました。
 赤ちゃんのバックに写っているクッションはご持参されたものですが、座布団を半分に折って後ろに入れて起上らせると、首のすわらない赤ちゃんでも一人でナイスショットが撮れます。なるほど~。時々一人で小さな赤ちゃんをお連れの方もいらっしゃるので、館でも撮影アイテムとして用意してみたいと思います。
 しかし、なかなか赤ちゃんに笑ってもらえなかったのに、職員さんがあやしたらめちゃめちゃ笑顔になってくれましたので、すかさずパチリ。後であやし方を真似してみましたが、うまくいきませんでした(汗)。このイベントだと赤ちゃんも時々おいでになりますので、あやし方も勉強したいと思います。

団体様、ご体験
2013年10月17日

 今日から始まりました着物で記念撮影。初日の朝から順調…にはいかなかったのですが、午後一番にイベント初の団体様がいらっしゃいました!元気な幼稚園児たちですので、さすがに30名近くに一気に着せるのはムリと、半分ずつにしていただき、順番にした結果、なんとか全員着ることができました。
 数年前に始めた時は数十枚しかなかった着物も、今は全部で150点近くになり、まさかこんな団体様まで対応できるようになるとは…。これも皆、着物を譲って下さったたくさんの方々のおかげです。今も時々お話をいただくのですが、出来る限りいただいて、活用していきたいと思っています。
 そして楽しいひと時が終わり、脱ぐ時はどうしようと思っていたら、自分で脱いだ着物を手渡してくれるという素敵なお子様方で、お行儀のよさに感動しまくりでした。以前も保育園にお願いされて着物体験をした時がありましたが、平日のイベントにこういう活用方法があるとは思いませんでした。今後は幼稚園や保育園との連携も考えてみたいと思います。

そういえば、色があってもいいよね
2013年10月16日

 明日から始まる着物で記念撮影のイベントのために準備をすすめています。去年難航したお月見セット、今年は思いのほかすんなりとできました。
 その理由は空に色をつけたこと。よく考えたら当たり前なのですが、去年までバックに白布をぶら下げていました。けれどもなかなか上手にぶら下げるのが難しいので、何か違う方法を考えなきゃ!と思った所、セットが白すぎることに開催数年目でやっと気付きました。
 確かに主役は着物姿の子供さんなので、背景が目立たない方がいいのですが、お題は「十三夜」で月夜なのに、夜らしさがゼロでした。思い立ったら即!とばかりに色紙を調達してきましたが、当初考えていた暗い色とは違って、やや明るめの色になりました。
 とりあえず、今年はこの色でと直接壁にぶらさげてみた所、思いのほかいい感じとなりました。中央部の継ぎ目が気になりますが、そこは仕方のないことなので、来年は改善策を考えることにして少しずつ進歩できればと思っております。

ケースの一部を展示替えしました
2013年10月15日

 今回の展示ではたくさんの方に資料を寄せて頂きましたが、同時に入りきらない問題も発生したため、一部の資料に限り、提供者様の承諾を得た上で前期後期制とさせていただきました。休館日はありませんので、閉館後に作業させていただきました。
 まずは特別展の会場の最後の大ケースを丸ごと入れ替え、県外の袱紗3点も入れ替えました。詳細は企画展示のページでもご案内していますが、何回も作り直したというこだわりのある「袱紗箱」、県外の袱紗の布袋さんのお腹に描かれた顔にご注目いただければと思います。

 同時開催の「加賀の婚礼」では、花嫁のれん2点、振袖2点、打掛1点を入れ替えました。花嫁のれんの下にはごらんのようにカンザシなどもあります。袱紗も一緒にいただいたのですが、特別展会場で飾る場所が足りないため、花嫁のれんと一緒に飾る形とさせていただきました。
 後期の品物もとても素敵な物ばかりですので、ゆっくりとご覧いただければ幸いです。

湯涌江戸村とキムスコ、ブッキー
2013年10月11日

 今日は湯涌で学芸員会議が開催されるので、道中のかかしさん達を見つつ、のんびりドライブしていたら、うわさのかかしさんを発見しました。毎週金曜日にしか出現しないレアなかかしさんで、おいしいパン屋さんの道案内をしているのだそうです。この日は雨のため、カッパを着ておられました。制作者の方の愛情がしのばれます。見習って当館も雨の日にはカッパを着せるべきか悩む所ですが、雨の日にそこまでして植木の手入れや虫取りはしないでしょうから、シチュエーションを壊さないように、やはりそのままということになりそうです。

 湯涌江戸村に到着し、会議の前に村内をうろうろ。古い町家などをじっくり観察できますから、時々勉強させていただいています。
 今回写真を撮らせていただいたのが「キムスコ」。金沢の町家の特徴である出格子の一つですが、外から中は見えないのに、中からは外の様子が非常に細かいすき間を通して見えるというものです。窓ガラスのない時代によくこんな工夫を考えたものだな~と思いながらしばしまったり拝見させていただきました。
 そして茅葺きの妖精「ブッキー」に思わずキュンとしてしまいました。目の位置がポイントですよ!どことなくスナフキンな感じがしますが、あの中でごろんとさせてもらえたら…素敵な空間でリラックスできそうです。さすがに今日はそこまでできませんでしたが、いつかまたお邪魔してみたいものです。
 

カラタチの実
2013年10月10日

 昨日は台風の接近に伴い強風が吹き荒れましたが、幸いにもかかしたちは無事でした。頑丈に固定しているので、館内に避難させるのをあきらめたのですが、びくともしないとは思いませんでした。
 そしてふと思い立ってチェックしたのが、写真のカラタチの実。しっかりと枝葉に守られて、台風で落ちなかったようです。当館と中学校の周りには柵代わりにカラタチが植えられているんですが、トゲが立派過ぎて近寄りがたいイメージがあります。外からの侵入者を防ぐために生垣に使われたそうですが、昨今はブロック塀に変わり、あまり見られなくなったそうです。
 カラタチは春先に白い小さな花をつけて緑の実がなるそうですが、あまり目立たないのでなかなか気づきません。でも、この実が黄色くなるといい香りがするそうなので、秋になると気にかけています。ちなみに酸味と苦みが強いので、食用にはならないそうですから、お気をつけください。

カンザシと筆とクリーニング
2013年10月9日

 先日、とても素敵な嫁入用のカンザシをいただきました。なんと90年前に富山県からお嫁入りされたそうで、すてきな花嫁のれんや袱紗もありました。さっそく資料登録して15日の夜に展示する準備を進めています。でも台帳を作っていたら、カンザシの立体的な細工の中に細かい黒い粉(?)がいっぱいついていることに気づきました。
 まずは綿棒でクリーニング作業を!と思いましたが、細工が細かすぎて固い綿棒の先が狭いすき間に入ってくれません。一応ハケも試みてみましたが、ペンキ塗り用のサイズですから、大きすぎて細工を壊してしまいそう…。
 最後の頼みは絵筆。なぜか一番細い「0号」の絵筆が引き出しの一番上にあったので、試しに使ってみたらぴったりでした。学生時代に絵を趣味にしていた頃に買いそろえた物が不要になったので職場に置いてあったのですが、こんなことに役立つとは思いませんでした。
 という訳で、きれいになったカンザシと筆とで記念撮影してみました。左の物はふつうなら櫛につける飾りですが、初めて見る形をしていました。カンザシのビラビラ部分が長いのが分かるように、文金高島田のカツラにさして飾ってみようと思っていますので、楽しみにしていてください。

ついにスマホ対応になりました
2013年10月4日

 当館が所属する財団の博物館・美術館で続々とHPのスマホ対応への切り替えが行われておりますが、ついに当館も本日スマホ対応になりました!
 が、当館の職員は誰もスマホを持っていません。スマホ以前の携帯はガラケーとかいうらしいですが、スマホ化が進む世相に反してガラケー100%なのも昭和の館らしくてよいのではないかと思います。決して時代遅れでは…ないはず(汗)。
 という訳で、写真は業者さんにお願いして撮らせていただいたものです。パソコンの画面でチェックする方法も教えていただきましたので、不具合がないように時々チェックしたいと思います。

かかし教室その後
2013年10月2日

 8月25日に当館で行われたかかし教室で作られたかかしたちがついに湯涌に飾られたということで、写真を撮ってきました。実は中田かかし祭でも「ひとやすみ」さんのそばにいたのですが、うっかり写真を撮り忘れてしまいました。
 まずはバス停「市の瀬」。コンクリで囲まれた待合場所は去年もかかしさんがいたのですが、今年はずいぶんとにぎやかになっています。右端と右から3人目が当館のかかし教室で作られたもので、小さな女の子と左端の天狗さんは湯涌で作られたものです。中心地から走ってくると、長い下り坂のあとのゆるやかな直線の道なので、スピードを落としていただけると気付きやすいと思います。ちなみに反対側に右に入る道がありますので、もし撮影される場合は、停車して安全を確保してからお願いします。
 しかし、中田かかし祭のあとからどんどんかかしが増えていて、道中のドライブがますます楽しみになってきました。先月のかかし会議ではのぼりの標語が決まりましたので、ユニークな文面ののぼり(全10種類、今後も追加予定)が登場する日が楽しみです。
 さてさて、北國新聞に紹介された夢二かかしも湯涌夢二館に飾られました。あいにくこの日は展示替えのため休館中でしたが、かかしさんは外におられますので、いつでも見ることができます。
 かかしがとても気になった方は「湯涌ゆず街道かかしファンクラブ」のブログをチェックしてください。下の方にスクロールしていくと、左の方に「リンク」として「かかしマップ2013」が掲載されておりますので、地図と写真でチェックできます。ただ、急にたくさん増えたためか一部未掲載のものもありますので、ご注意ください。

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:minzoku@city.kanazawa.ishikawa.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団