ブログ

HOME > ブログ

ブログ(2014年12月)

2014年12月

一日遅れのクリスマス
2014年12月26日

 昨日は朝から大粒の雪が降ったのですが、日中はあまり積もらず、今年はホワイトクリスマスとなりませんでした。
 でも、今朝のこの松の木の雪の積もりっぷりの見事さ。所々にランプでも吊るしたくなる立派なお姿に、カメラの練習とばかりに撮影してしまいました。重たそうに見えますが、今朝はふかふかの雪でしたので、松の木もほっとしていると思います。

 しかし、本命はお昼にやってきました。注文していた「紅鯛」と「福徳」「辻占」が届きました。初めて購入した「紅鯛」の見事さに、まさに一日遅れのクリスマスプレゼントと狂喜してしまいました。ちなみに紅鯛(べんだい)は女の子に贈られる繭玉に鯛などのおめでたい飾り物を下げた物で、お店などでも正月の縁起物として飾ったりしています。
 そして福徳と辻占は正月のお菓子で、開けたら何が出てくるのかなという運だめしのお菓子でもあります。特に辻占はお店によって形などが少しずつ違うお菓子ですが、市内のご家庭では正月のお菓子「福梅」とともに買い求め、正月に家族が集まったら皆で開けてみるそうです。
 少し早いですが、玄関にしめ飾りを飾り、展示室の鏡餅(複製)の裏白などを新しくしましたので、これで無事に正月が迎えられます。来年もよろしくお願い申し上げます。

大粒のアラレ
2014年12月22日

 先日積もった雪もだいぶ溶けてほっとした所に、朝から大粒のアラレの来襲です。
 積もる気満々だなぁと思いつつ、なかなかない大きさなので思わず写真撮影してしまいました。
 でもこうしてブログにアップして見ると、思ってたよりも小さい…気がしてしまいます。いやいや、本当に大きかったんだってば~とぼやきたいくらいのミスプリントですが、写真の腕を磨くために、今後の教訓としてアップさせていただきました。

冬の風物詩「きんかんなまなま」
2014年12月19日

 今年の寒波は思いのほか強いようで、雪が積もる日々が続きます。駐車場に積もった雪が車で押しつぶされて、今日は凍った雪の上にアラレが積もっていました。
 もしかしたら…とアラレを払いのけてみたら、「きんかんなまなま」な雪がありました!積もった雪を踏み固めて、しかも表面が溶けて凍らないとこの雪はできないため、融雪装置溶かしたり、雪すかしで雪をどかすのが当たり前になった現代では逆に珍しい風物詩となっています。車がたくさん通るようになった結果、消えてしまった現象ですが、昔はこの雪の上を竹下駄で滑ったりして楽しんだそうです。

 という訳で、滑りやすい雪に備えて、今年は玄関の階段にムシロを設置してみました。気持ちの上では中央に敷きたい所ですが、防寒のために左側のドアは基本的に閉めておりますので、写真の通りと相成りました。
 実はムシロを敷くのは今年が初めてだったりします。この時期になるとあちこちで見かけますので、当館でも置かなければと思いつつ、なかなか実行できなかったのです。
 次の野望(?)は、靴の雪落とし用の「ゴッポ石」の設置ですが、なかなかいい大きさがないので、もうしばらく先になりそうです。

冬の風物詩「雪囲い」
2014年12月15日

 数日前から着物姿だった百合ちゃんを冬仕様に着せかえて、玄関先に座ってもらっています。いただきものとはいえ、かなり上等なコートとおしゃれなブーツですので、どこかのお嬢様と見まごうばかりのお姿です。
 2年前もこの姿で玄関先に座っていただいたのですが、今年は雪が積もるのが早いので、冬景色を楽しんでいてくれればと思います。実はこの季節はこれまで外にかかしを出したことがなかったのですが、今年はドキッとしないですみそうです。ちなみに毎日夕方館内に入ってもらってますので、夜は安心です。

 毎年している雪囲い、今年は初めて右のように正面をなくしてみました。全面に囲うと雪は入ってこないのですが、日中でも暗くて足元が見えにくいのです。板の雪囲いと違って、簾の間から風が入りこんできますので、防寒にはなりません。
 たいてい雪は玄関の左右から吹き込んできますので、正面はあいてもいいだろうということになり、試験的にしてみましたが、中にいる百合ちゃんもよく見えますので、よい結果になったと思います。前の雪囲いだと開館してるのか分かりにくかったようですが、今回は大丈夫でしょう。当館の新たな風物詩として定着させたいと思います。

いまだに現役です
2014年12月10日

 最近、玄関ホールに入ると怪しげな声が聞こえてくる・・・のですが、お経とかではなく加賀万歳「町尽くし」をテープで流しています。テープでなくても、もっといい手段が現代はあるはずなのですが、アナログで味があるということで(笑)。
 過去にビデオカメラで撮影した物を、テレビで流してMDのマイクで録音し、それをカセットデッキにつないでさらに録音して…とアナログな手段をとった結果です。もちろんカセットデッキも若干年代物です。とはいっても、外部入力端子に「MD IN」の文字があるので、平成10年代前半ぐらいじゃないかな~と思っています。
 最初は写真の左に写っているMDにつないで車のカセットデッキに入れるアレ(カーカセットアダプターというそうです)を入れて再生しながらダビングするつもりでしたが、録音ボタンを押すとなぜか止まるのです(汗)。ダブルデッキと言えば、カセットからカセットにダビングするイメージがあったんですが、なぜかできません。
 これはピンチ!と思っていたら、最初に書きました「MD IN」のプラグで無事に接続できました。単に音声が小さくて聞こえなかっただけだったようです。
 しかし、最近のラジカセはオートリバースに対応してないんでしょうか。3ヶ月間の長丁場ですから、新しい物を用意した方がいいかと思ったのですが、まだ動いてくれそうなので頑張っていただく予定です。

積もりましたね…
2014年12月7日

 土曜日にどれだけ積もって、日曜日にさらにどれだけ増えたのか分からないくらい、足の運び場に困る大量の雪。朝から頑張って除雪した結果が、写真の姿です。
 本当はもっと除雪したい所ですが、あいにくアラレが降ってきたので、いったん中止してこの状態です。
 しかし、今年はいつもより早くたくさん積もったので、本当に驚きです。前の道を走る車もなんとなく少なめで、まだ土日だったのが幸いでしょうか。通勤中に見る街中の駐車場は雪に埋もれた車がたくさんありました。明日の朝までにとけそうにないので、除雪されてる方もたくさんお見かけしました。中にはタイヤ交換されてる方もおられて、地元の人でも予想外だったのではと思います。
 ブログを書いていたら、日差しがさしてきましたので、頑張って再開したいと思います。

ついに積もり始めてしまいました
2014年12月5日

 火曜日から館内が非常に寒く、展示替えもつらい状態が続きました。そして金曜日は予報通り「雪」。
 今年もついにこの季節がやってきたなぁと思いつつ、ほわ~と眺めていたのも最初のうちだけで、「えっ、大粒の雪になったよ!」「もう積もるの???」をハラハラしながら眺める状態に。
 トイレの屋根に積もった雪を見上げつつ、無事に帰れるのかなと心配の種は尽きませんが、展示替えもついに最終日。無事に企画展が始まるように頑張って仕上げにかかります。

妙にリアル
2014年12月4日

 月曜日から始まった展示替えも半ばを過ぎ、やっと太夫と才蔵のお二人が出そろいました。
 才蔵のかかしはこないだまで新郎または花嫁の父としてご活躍されていましたが、太夫のかかしは久々のご登場です。前回は確か駅長さんのイメージでびしっと決めてらっしゃいましたが、太夫の衣装を着ても非常に雰囲気が出てお似合いです。
 後ろの写真の太夫はやわらかな表情なのですが、かかしの方が本物っぽく感じられてしまいます。
 ちなみに才蔵がかかえている太鼓は本物ですが、右手のテーブルに複製がありますので、是非そちらを叩いてみてください。。

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:kurashi@kanazawa-museum.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団