ブログ

HOME > ブログ

ブログ(2015年5月)

2015年5月

かかしの嫁入り in 江戸村
2015年5月24日

 先週17日に湯涌で催された青葉市。当館にいた「かかしたち」も人知れずお手伝いしていたようです。そして湯涌江戸村で婚礼に関する展示をするということで、実は10日ほど前に当館の館蔵品を持ってお伺いして来ました。その時はまだ準備中でしたが、完成した「かかしの嫁入り」を見たくて、再びお邪魔して来ました。

 入口にかけられた嫁のれん。この先で仏壇参りが行われております。黒い花嫁衣裳に身を包んだ「梅」がお参りする様を、後ろで見守る仲人。そしてお手引きの子供たちの表情に注目です。
 もう一人の主役である「松太郎」は柱の影から「梅」の顔を見ようとのぞいているところです。
 衣装だけでなく髪型もしっかりと作られております。江戸村さんブログによりますと、一押しポイントは「花嫁のうなじ」だそうですので、その色っぽい後姿をよくご覧下さい。
 なお、6月28日(日)まで見ることができるそうです。

光が丘獅子舞
2015年5月17日

 去年も市内各地の獅子舞を巡って来ましたが、今年はきちんと調査をするために、あちこちにお願いの文書を出してたくさんのお返事をいただくことができました。という訳で、最も早く開催される光が丘にお邪魔してきました。
 光が丘は団地を中心とした新興住宅街なのですが、町会15周年に獅子舞を始めたそうです。獅子頭や蚊帳(胴体)、そして棒振りの衣装などをそろえるのは市の補助金を受けたとしてもかなりお金がかかるのですが、非常に強い結束があったようで、わずか数年ですべて揃えて、現在に至るまで続けられています。

 しかし、やはり獅子の胴体が大きいと迫力ありますね。
 棒振りは小学生が主にするのですが、若者がすると迫力がだいぶ違います。昔は大人もしていたそうですが、今はできる人が少なくなったそうです。
 それでも、地元に誇れるお祭りがあるのはいいことですね。子供たちの心に強く残るようにと始められたそうですが、間違いなく心に残ると思います。少子化の悩みはどこでも聞きますが、頑張って続けていってほしいものです。

本日の一枚
2015年5月5日

 着物体験イベント最終日。先週までは数えるほど少しの予約で、静かに終わってしまうのかなと心配しておりましたが、直前の予約を多数いただき、盛況のうちに終わりました。
 本日の一枚は玄関ホールにて和傘とこいのぼりの両方を満喫していたお二人にお願いいたしました。諸事情により、玄関ホールのこの位置にこいのぼりを飾るのは今年が最後になりますが、いいショットをいただきました。
 という訳で、夏から始まるリニューアル工事のため、着物体験イベントはしばらくお休みさせていただきます。来年秋に再開する予定ですので、少し長いですがお待ちいただければ幸いです。

本日の一枚
2015年5月4日

 着物体験イベント2日目。今日の参加者は赤ちゃんが目立ちました。たぶん明日初節句を迎えられる方々のよき思い出の一枚となるお手伝いが少しでもできてよかったと思います。
 という訳で本日の一枚は強く印象に残る赤ちゃんの写真を選ばせていただきました。紙のカブトがしっくりした着物姿、そして上半身をそらしつつ(?)、非常に安定して座っておられます。たぶん目の前のたくさん並んだ五月人形に目が釘付けになっているのではないでしょうか。
 いつも中日は人数少なめでゆるゆるなのですが、今朝新聞2紙に紹介されたおかげで予約が増え、連休中唯一雨にも関わらず館内は非常に盛況でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

着物三人娘
2015年5月3日

 今日から着物体験イベントが始まりました。端午の節句にちなんだイベントなので男の子が主役ですが、女の子も多数ご来館いただいております。だいたいはきょうだい(兄妹・姉弟)なのですが、リピーターの女の子も参加されてます。
 せっかくなので、玄関先で和傘をさしていただきましたが、傘を持つと自然とポーズが決まりますので、後姿がどことなく大人びて見えます。
 男の子は陣羽織におもちゃの刀を差し、大きな紙カブト(ポスターを使った特製)を被って勇ましくポーズをとっている姿も拝見できました。という訳で今日から3日間、子供たちの着物姿を楽しんでいただければと思っています。

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:kurashi@kanazawa-museum.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団