ブログ

HOME > ブログ

ブログ(2015年6月)

2015年6月

しばらくお別れです
2015年6月30日

 今日は企画展「モノで見る金沢の歳時記」の最終日。いつも日曜日に終了する当館にしては珍しいのですが、月末で一区切りを迎え、ついに明日から工事のため休館です。
 当日の朝から作業すると間に合わないので、今日の夕方からあちこちで休館表示を取り付け、完成したものを「おお~」と眺めていたら、いつの間にか閉館時間となりました。
 明日よりはひたすら引越し準備の日々が始まります。今回はきれいさっぱり片付けますので、しばらくはブログを書く余裕もなさそうです。ただ、完全にお休みも寂しいので、時々何か報告できればと思っております。

金沢らしい記念撮影グッズ
2015年6月20日

 季節展示「端午の節句展」で今月頭まで玄関ホールにど~んと大きなこいのぼりを飾っておりましたが、あまりにも存在感が大きくて、取り外したら急にさびしくなってしまいました。
 そんな玄関ホールの窮状を救うべく、毎週少しずつ小道具を増やしていき、やっと全部揃いました。
 という訳で、現在はこんな感じです。入ったとたんに衣装が並んでいて暑苦しく思われるかもしれませんが、ぜひ興味を持たれたら、手にとっていただければ幸いです。もちろん、見るだけでも大歓迎でございます。

 さて、正面右手は「金沢の獅子舞」がテーマです。
 緑色の着物は「棒振り」の衣装を再現したものです。中学生~大人は剣道着に近い形になりますが、小学生は昔の着物を使った衣装を着る地域もあります。そして、シャンガ(毛頭、麻糸で再現)も被っていただけます。そしておもちゃの刀を持てば・・・!?本来は長い棒や木刀、木製の長刀を使いますが、危ないので雰囲気を感じる程度でお願いいたします。
 そして、赤い顔に大きな金色の目玉でこちらをにらんでいるのは氷見の「ダン獅子」。本物の獅子頭は重いのですが、こちらは軽くて持ちやすいので、記念撮影にはぴったりです。大きい方はあごを上下させると、いい音が出ます。「洋服だと決まらないな~」という方のために、黒い法被も用意してみました。

 ラストは加賀鳶の衣装です。子供用と大人用があります。子供用は波の上に描かれたうさぎがとってもかわいいです。
 大人用は茶色が一般用(はしごを支えたりする)で、青色は木遣隊用(木遣唄を唄う)ですが、一押しは青色です。茶色と比べると少し長く、帯ではなく羽織紐で前をしばるだけなので、大きく模様が描かれています。体験用は羽織紐は省略させていただいていますが、羽織ってびしっと構えていただくと非常にかっこよくなります。
 とても粋な加賀鳶の雰囲気を味わっていただければ幸いです。

金沢昔語り
2015年6月14日

 企画展「モノで見る金沢の歳時記」でビデオを紹介させていただいている荒木明日子氏に、出張版ということで「金沢昔語り」をしていただきました。夏らしいすてきなお召し物で、お話をしていただき、雰囲気満点でした。
 以前、町家での「金沢昔語り」にお伺いした時もそうでしたが、金沢ことばのクイズは、地元の方がおられると、いろいろ話してくださって、非常に盛り上がります。今日もいろんなお話を聞くことができ、金沢ことばの奥深さを実感いたしました。
 荒木明日子氏は市内を中心に定期的に活動されておられます。詳細は下記のHPをご覧下さい。

金沢昔語りHP http://mukasigatari.web.fc2.com/
You tube動画「お銀小金」 https://www.youtube.com/watch?v=tknW1pfU6GY

プチお宝展
2015年6月12日

 季節展示「端午の節句展」が終わり、こっそりとミニ展示を始める用意をしております。題して「プチお宝展」。これまで出す機会があまりなかった資料を飾らせていただいております。
 ただ、会期が月末までと、いつもに比べると短いので、ご注意ください。あくまでメインは企画展「モノで見る金沢の歳時記」であり、ミニ展示はおまけという形でお送りしております。
 そして、本当に「プチ」という言葉にぴったりなくらい、ささやかな物が多いので、「お、こんなんあるんだ~」と思っていただければ幸いです。

盆正月
2015年6月7日

 前日の金沢城入城で前田利家公が「まるで盆と正月が一緒に来たようじゃ!」と言われますが、この数年金沢城の広場では盆正月の再現として2日間にわたり、出店とイベントが行われています。
 ステージやその周辺では、様々な団体が出演するのですが、今年は獅子舞を目当てにお邪魔してみました。
 暑い日差しの中、かわいい子供の棒振りに癒されつつ、獅子舞を堪能。地元でも撮影させていただく予定ですが、広い芝生の上だとまた雰囲気がかわってよい感じです。

 もちろん奴行列やはしご登りも行われ、間に行われる地元のおもてなし武将隊のトークなどを楽しみつつ、盛り上がる様をとくと拝見させていただきました。
 獅子舞などの出演団体は毎年変わるそうなので、来年もお邪魔したいと思います。

百万石まつり百万石行列
2015年5月24日

 今年で百万石まつりは64回を迎えます。そして新幹線開業後初の開催ということで、非常に市内は盛り上がっております。朝から場所取りをされる方もいらしゃったようで、百万石行列の出発の45分前にも関わらず、駅前は非常に多くの方でいっぱいでした。
 そこで今回は去年の反省を生かし、脚立を持参。何とかいいポイントをゲットし、ひたすら待機でしたが、意外にもあっという間に時間になりました。

 あいにくの曇り空で時々雨がぽつぽつと降ってきましたが、無事に行列はスタート。目の前をたくさんの人々がパレードしていきます。
 さて、お目当ての加賀獅子がやってきたので激写しまくりましたが、残念ながら演舞ポイントではなかったので、素通り。うまくいきませんね。
 全部が駅前で演舞すると行列が進まないので、一定時間ごとに演舞すると決まっているそうです。

 幸い去年見れなかった子供加賀鳶のはしご登りは、ばっちり見ることができました。もてなしドームをバックに高いはしごに登る姿は勇壮そのもの。やはり絵になりますなぁ。そんなこんなで写真を撮りまくり、前田利家公を見送り、気づけば2時間経過。
 行列のゴールはお城ということで、ダッシュしたかったのですが、脚立のダメージでよろよろ歩き。なんとか加賀鳶には間に合いましたが、お城をバックにするこちらもいい感じです。
 来年は第65回ですから、きっと素敵な行列が見られるのではと今から期待しております。

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:minzoku@city.kanazawa.ishikawa.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団