所蔵品

HOME > 所蔵品 > 衣

所蔵品

紋付着物(色留袖)
使用年代 昭和初期(推定)
概要 友禅の美しい着物を集めた藤村コレクションでは、黒留袖、振袖、男児・女児用着物などがたくさん残されています。なお、婚礼用の打掛などもあります。
おくるみ
使用年代 昭和初期
概要 赤ちゃんを抱く時につかうものですが、美しい布地で作られています。これ以外に一つ身着物、四つ身着物や帯などを収集しています。また、大人用のウールの着物などもあります。
背守り着物
使用年代 明治~大正(推定)
概要 一つ身着物は背中に縫い目がないため、背中を見張る目として縫い目をつけたのが、押絵に変化していきました。
カッポリ
使用年代 未使用 ※製造年代は昭和
概要 お祭りなどで女の子が履いたりしました。甲を深く彫ってあり、カッポリと音が鳴ることから、そう呼ばれます。この他に男性用や女性用、草鞋・深沓なども所蔵しています。
手回しミシン(シンガーミシン)
使用年代 明治43年製造(アメリカ製)
概要 手でハンドルを回して縫います。この他に足踏みミシンや、火熨斗・炭火アイロンなどの裁縫道具を所蔵しています。

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:minzoku@city.kanazawa.ishikawa.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団