所蔵品

HOME > 所蔵品 > 食

所蔵品

押し鮨箱
使用年代 昭和初期
概要 金沢ではお祭りの時に、押し鮨を作ります。木枠の中にへぎ板などを敷き、サバなどの魚を並べ、酢飯をつめて、最後に青のりやショウガなどをのせて、一晩重石をします。
パン焼き器
使用年代 昭和(戦後)
概要 戦後の食糧不足の時に、とうもろこしの粉を使ったパンを焼くのに使われました。焼き芋をふかしたりすることもできます。これ以外にもお釜やお櫃なども所蔵しています。
蒔絵重箱
使用年代 昭和
概要 豪華な蒔絵が入っており、金沢漆器と考えられます。この他に輪島塗や山中塗の漆器、祭礼や法事用の膳椀などを所蔵しています。また、九谷焼の徳利や皿などもあります。
魚籠
使用年代 昭和初期
概要 底に笹や南天の葉などを敷き、魚を入れて運ぶための籠。お祝いなどに使われました。この他に山菜採り用の籠など、いろいろな資料があります。
電気炊飯器
使用年代 昭和30年代(推定)
概要 初期の頃の電気炊飯器で、炊飯用のスイッチしかありません。台所にこのような電化製品が入ることで、生活様式が大きく変わっていきました。保温ジャーなども所蔵しています。

ページトップへ

金沢くらしの博物館〒920-0938  石川県金沢市飛梅町3-31(紫錦台中学校敷地内) TEL / FAX:076-222-5740
MAIL:kurashi@kanazawa-museum.jp

展示日程の一覧

金沢文化振興財団