HOME > 企画展 > 過去の企画展 > 平成19年度

過去の企画展(平成19年度)


企画展「着物万華鏡〜昔の着物あれこれ〜」
 平成20年3月8日(土)〜5月25日(日)
 ただし、4月2・29日に展示の一部を入れ替えます

季節展示「雛飾り展」
 平成20年2月2日(土)〜4月6日(日)

 期間中の関連講座
 4月6日(日)随時 お雛様と着物で記念撮影!
 ※当日参加可能ですが、できれば電話でお申込ください

 4月12日(土)13〜15時半 着物で文化施設巡り 定員20名
 ※前日までに電話申し込みが必要です

【趣 旨】
・着物万華鏡〜昔の着物あれこれ〜(第3展示室)
 着物が似合う街「金沢」とよく言われますが、ちょっと昔はどんな着物を着ていたのでしょうか?人生の晴れの場や普段の生活の着物を紹介します。
第3展示室では、冠婚葬祭をテーマに、初めて赤ちゃんが生まれた時の「初産帰り帽子」や「宮参り着物」、一つ身につける背守り、七五三、花嫁衣裳など人生の晴れの場、そして葬式に使われる喪服などを紹介します。

イメージ展示「花嫁とお手引き」(期間中入れ替えあり)

第1展示室では、日常生活の着物をテーマに、戦前によく着られた「銘仙」の着物、財布や風呂敷、寝るときに使う「夜着(よぎ)」などを紹介します。

イメージ展示「着物姿で食事をする家族」

第2展示室では、子供の着物や戦後よく着られたウールの着物などを紹介します。

ウールの着物・子供の晴れ着など

第4展示室では、髪を飾る櫛・簪や明治・大正・昭和の髪形の鬘を展示します。また、野良着などの作業着も紹介しています。

様々な日本髪

・雛飾り展(第3展示室) 
 幕末のお内裏様とお雛様だけの「内裏雛」、昭和時代の大きな御殿にお雛様を飾る「御殿飾り」、そして一般家庭で飾られた小さなお雛様たちを紹介します。また、金沢ならではのお供え物「金花糖」などもあわせて紹介します。

御殿飾り(大正・昭和)

【主な展示品】
企画展「着物万華鏡」
第3展示室  「冠婚葬祭と着物」    30点
第1展示室  「日常生活の着物1」  約30点
第2展示室  「日常生活の着物2」 約15点
第4展示室  「明治・大正・昭和の髪形」 約70点
         「作業着という名の着物」 約10点
季節展示「雛飾り展」
第3展示室   内裏雛、御殿飾り、金花糖など 16点

ページトップへ


企画展「新春を祝う〜加賀万歳〜」
 平成19年12月1日(土)〜平成20年3月2日(日)

季節展示「天神堂展」
 平成19年12月1日(土)〜平成20年1月27日(日)

開館時間】午前9時30分〜午後5時(ただし入館は4時30分まで)

 期間中の関連講座
 1月12日(土)13〜14時 加賀万歳実演 定員30名(立ち見あり)

 1月14日(祝)13〜15時 着物で旗源平!定員20名
 
 ※どちらも前日までに電話申し込みが必要です


【趣 旨】
・新春を祝う〜加賀万歳〜(第3展示室)
 金沢の正月と言えば、紅白の鏡餅、そして加賀万歳です。加賀万歳は400の歴史を持ちますが、なかなか目にする機会は少ないと思います。
 もともとは江戸時代に越前万歳が金沢に来て舞っていましたが、藩主だけでなく町民も見られるようになって、加賀万歳が生まれたと言われています。
 このほか、軍配餅・繭玉などかつて正月によくみられたものを紹介しています。
加賀万歳

・天神堂展(第3展示室) 
 天神堂とは天神様を祭る神社のミニチュアで、男の子の成長と学問成就を願って、12月25日から1月25日までの間、床の間などに飾られます。
 あわせて正月の遊び、旗源平も紹介しています。
天神堂

・冬のくらし展(第1・2・4展示室)

 冬に使われた行火・置き炬燵(こたつ)などの暖房具や、竹スキーなど、冬のくらしをイメージ展示しています。
 第4展示室では、下駄職人道具を展示していますが、お店をイメージしていろいろな下駄を紹介しています。

【主な展示品】
企画展「新春を祝う〜加賀万歳〜」
第3展示室   加賀万歳衣装、写真、演目など  約28点
          軍配、繭玉、初夢枕絵など     約15点
同時開催「天神堂展」
第3展示室   天神堂、旗源平など         約11点
季節展示「冬のくらし展」
第1展示室   行火、湯たんぽ、雪すかしなど   約25点
第2展示室   竹スキー、すごろく、福笑いなど   約17点
第4展示室   下駄職人の道具とさまざまな下駄 約92点

ページトップへ


特別展「思い出の金沢〜一枚の写真から〜」
 平成19年9月8日(土)〜11月25日(日)
開館時間】午前9時30分〜午後5時(ただし入館は4時30分まで)

 期間中の関連講座
 宮村成信氏講演会「ふるさと金沢の写真記録について」
  10月13日(土)14〜16時 定員30名
  於:博物館 ※前日までに電話申し込み必要


【趣 旨】
・思い出の金沢(第3展示室)
 一般市民から募集した写真、そして博物館所蔵の写真を中心に、「人生の記念日」「家族の団らん」「おでかけ」「こどもの遊び」をテーマに紹介します。
 珍しい写真もありますが、ありたきりのものばかりです。けれども、当たり前だからこそなかなか写真には撮らないものです。
 ここにある写真にはさまざまな思い出がこめられています。たくさんの写真の中から、あなたの思い出探してみませんか?
 家族と(昭和10年)個人蔵
 雪の兼六園(昭和30年代)個人蔵

・金沢を記録する〜兼六カメラクラブ〜(第4展示室) 
 昭和38年に松原茂によって設立された兼六カメラクラブは、金沢を白黒写真で記録することを目的に活動しています。今回はこれまでの活動を寄贈していただいた写真を中心に紹介します。
 なお、あわせて休憩室で松原茂の写真(複製)も紹介しています。

・ミニ展示「昔のくらし」(第1・2展示室)

 小学校の社会科学習「昔のくらし」向けの展示です。昔の着物、食事風景、くらしの中の火、あかり、裁縫道具、遊び道具などの移り変わりを紹介しています。

【主な展示品】
特別展「思い出の金沢〜一枚の写真から〜」
第3展示室   「思い出の金沢」          約240点
第1展示室   「カメラの移り変わり」        約26点
          木製暗箱、銀盤写真、フィルムカメラなど
第2展示室   「夏のくらし」              約40点
          ハンモック、ラジオ、簾屏風、浴衣など
第4展示室  「金沢の信仰」             約60点
          疱瘡神、便所神、郷土玩具、絵馬など
         「金沢の年中行事・祭礼」        約20点
          四万六千日、夏祭り(大野・金石)、盆踊り
ミニ展示「昔のくらし」
第1展示室   「昔の着物、食事風景、くらしの中の火」 約26点
          御膳、ちゃぶ台、火鉢、着物など
第2展示室   「昔のあかり、裁縫道具、遊び」       約50点
          ランプ、マス、炭火アイロン、足踏みミシンなど

ページトップへ


企画展「夏のくらし展―鮎を釣る「加賀竿・加賀毛針」―」
 平成19年6月9日(土)〜9月2日(日)
開館時間】午前9時30分〜午後5時(ただし入館は4時30分まで)

 期間中の関連講座
1.加賀毛針アクセサリー作り見学
  7月22日(日)10〜11時  定員10名
  於:目細八郎兵衛商店(安江町) ※前日までに電話申し込み必要
2.辻享氏講演会「鮎釣りを語る〜毛鉤の楽しさ」
  7月24日(火)14〜16時 定員50名
  於:博物館 ※前日までに電話申し込み必要
3.毛針製作実演・展示解説
  8月4日(土)10〜12時 於:博物館 ※事前申し込みは不要です


【趣 旨】
・鮎を釣る「加賀竿・加賀毛針」(第3展示室)
 夏の風物詩、鮎釣りに使われる伝統工芸「加賀竿」「加賀毛針」を紹介します。
 加賀竿は丈夫で美しく漆が塗られた継ぎ竿ですが、現在は作られておらず貴重なものとなっています。今回は「竿正」故越野正男氏、「八郎兵衛」神原円幸氏が作られた加賀竿も紹介します。
 加賀毛針は、今も盛んに使われています。金沢の鮎釣りは、武士の文化を受け継ぐものなので、武士が作ったといわれる毛針で鮎に真剣勝負を挑みます。毛針といえば、現在はアクセサリーとしてもその技術が活用されています。そして、毛針を作っている目細八郎兵衛商店は針屋の老舗であり、泉鏡花の親戚にあたります。そんなもう一つの姿も紹介します。
 てんから竿

 加賀毛針

・夏のくらし展(第1・2展示室)
 夏は食べ物が痛みやすいので、電気がなくてもいろいろな工夫をしていました。そして、夏といえば「蚊帳(かや)」ですね。第1展示室に下げてある蚊帳は中に入ることができます。使ったことがない方も、ぜひ中に入ってみてください!
ハエ取器

・金沢の信仰・年中行事(第4展示室) 
 昔から人々の心の中には、神仏への信仰が息づいています。今回は金沢に古くから伝わる信仰を紹介します。便所の神様、そして怖い病気の疱瘡を移して川に流す疱瘡神の人形などがあります。また、写真を中心に、夏の年中行事を紹介します。
 疱瘡神
【主な展示品】
企画展「夏のくらし―鮎を釣る「加賀竿・加賀毛針」―」
第3展示室   「鮎を釣る〜加賀竿・加賀毛針」   約150点
          加賀竿・毛針製作道具と完成品、アクセサリーなど
第1展示室   「夏のくらし」              約28点
          ハエ取器、蚊帳、幻灯、金魚売道具など
第2展示室   「夏のくらし」              約40点
          ハンモック、ラジオ、簾屏風、浴衣など
第4展示室  「金沢の信仰」             約60点
          疱瘡神、便所神、郷土玩具、絵馬など
         「金沢の年中行事・祭礼」        約20点
          四万六千日、夏祭り(大野・金石)、盆踊り

ページトップへ