展覧会

HOME > 展覧会 > 開催中の展覧会

開催中の展覧会

企画展
「工芸セレクションⅠ お茶碗と棗」

平成29年7月29日(土)~平成29年10月22日(日)

<休館日>
9月5日(火) 館内メンテナンスのため臨時休館

工芸セレクションⅠお茶碗と棗 工芸セレクションⅠお茶碗と棗
企画展 「工芸セレクションⅠお茶碗と棗」 チラシ表・裏
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 当館の所蔵品から、テーマ別に作品を抽出する展覧会シリーズ「工芸セレクション」を開催します。
 第一弾として、茶を点てて飲むために欠かせない器である「茶碗」と、抹茶を収める容器であると同時に華麗な装飾をもつ「棗」に焦点をあてます。中国、朝鮮半島、日本と異なる産地の茶碗に加え、郷土の作家である大樋長左衛門、開発文七、西坂方南などの作品を展示します。また、薄茶をを入れる「茶器」の種類のひとつである「棗」に華麗な蒔絵装飾が施されている作品を主軸に、棗以外の異なる形状の茶器や、濃茶を入れる茶入も併せて展示し、抹茶を入れる器の多彩さを見せます。
 企画展示室内の展示ケースのひとつでは、夏から初秋の茶道具取り合わせ展示を実施します。茶碗と棗を、季節の茶道具の取り合わせにおいても楽しんでいただける展示です。


◇平成26年3月1日(土)リニューアルオープンいたしました。

 リニューアルの内容は以下のとおりです。
1.グッズ販売コーナーの充実
これまでの図録に加え食器、酒器などの器の小品、絵葉書などを常時販売しています。
2.名碗による呈茶の実施
ご希望の方には呈茶席のケースに陳列した作家の茶碗の中からお好きなものを選んでいただき、その茶碗で呈茶をいたします。
3.美術館紹介コーナーの新設
パネルにより中村栄俊氏、館の概要、年表、付属施設概要を紹介しています。
4.フロアケースの増設
展示室に、作品を四方から見ていただけるフロアケースを7台増設しました。
5.館内のクロス全面張替
1階および展示室のクロスを落ち着いた明るいベージュで統一、館内の雰囲気を一新しました。

皆様のご来館をお待ちしております。

平成29年度 年間展示スケジュール

     
展覧会名 会期
開館50周年記念特別展
「中村栄俊翁と同時代の人びと」
2月5日(日)~4月16日(日)
企画展 「工芸に生きつづける花と鳥」 4月23日(日)~7月23日(日)
企画展 「工芸セレクションⅠお茶碗と棗」 7月29日(土)~10月22日(日)
伝統工芸創作人形展 10月28日(土)~11月28日(火)

ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団