概要

HOME > 概要 > 金沢市立中村記念美術館の概要

金沢市立中村記念美術館の概要

美術館周辺の景観中村栄俊氏旧美術館外観旧美術館展示室

 当館は、市街の中心にありながら、本多の森の緑に囲まれ小立野台から流れる辰巳用水の水音が響く恵まれた自然環境の中で、茶道と美術に親しむ憩いの場として、多くの皆様に好評をいただいています。
当館の歴史は、金沢で酒造業を営む実業家で茶人の中村栄俊氏(1908~1978)が創立した財団法人中村記念館に始まります。氏は昭和18年(1943)表千家流の茶道に入門、茶道具の収集を始めました。
 同20年の敗戦に痛手を受けた氏は、戦後の日本は文化国家として繁栄していかなければならない、そのために金沢に美術館を作ろうと志を立て、それから精力的な収集が始まり、同40年、「美術品は一個人のものではなく国民の宝である」という信念のもと、収集した美術品を寄贈して財団を設立、中村家住宅を展示棟として現在地に移築・改装、同41年5月、中村記念館が開館しました。その後、同50年7月、所蔵品が金沢市に寄贈され、金沢市立中村記念美術館として再発足、平成元年11月、市制百周年を記念して新館が開館しました。
 所蔵品は、茶道具、近世絵画、古九谷、加賀蒔絵など、中村氏収集の名品を核に、個人からの寄贈や市費による購入が加わり、現在、重要文化財5点、県指定文化財1点、市指定文化財8点をはじめ約千点を数えます。これを年4~6回の企画展で公開するほか、茶会、聞香席など多彩な行事を開催しています。
旧中村邸、茶室「梅庵」、茶室「耕雲庵」は貸室として茶会などにご利用いただいています。日本庭園を眺める本館呈茶席では、ご希望の方に抹茶を提供しています。

もどる

HOME

ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団