2011

1月31日

               大雪です!!
 
 30日から降り続いた雪は記念館をすっぽりと覆ってしまい、犀星が愛した庭も、中庭の四方仏の手水鉢(上の写真)も、椿も、白一色となりました。
織部灯籠や、その左後方にあるこんもりとした雪の下に埋もれている、『だんな様二世』が住む屋敷神も…。


毎日、朝に夕に除雪に明け暮れております。除雪作業は意外に沢山の汗を掻きます。皆様風邪など引いて体調を崩されませんように。
       
        
                                
1月22日

 今月は毎日のように雪が降っています。
ちょうど開催中の企画展のタペストリーにも雪が舞い、「雪」にこだわった水芦光子さんの横顔を飾っています。
 本日は、「雪」にちなんで、講座も行いました。
テーマはずばり「犀星と”雪”」です。

          
 

1月6日

           初春のお慶びを申し上げます。   

 金沢のお供え(餅)は、紅白なんです。その上に串柿とみかんをのせます。(すごいでしょ?)皆さんご存知でしたか…?
犀星は自分の家の門に飾る門松を自らの手で作っていました。庭の松の小枝、梅の枝、梅もどき、熊笹を40pぐらいに切り、半紙で根元を包んで紅白の元結いで美しく作りました。又、近所の子供達が遊びに来るとココアをごちそうしていました。普段は「怖いおじさん」も、お正月は「やさしいおじさん」になりました。

今年も「犀星つうしん」をよろしくお願いいたします。
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。