12月28日

             雪が降りました!!
 
 金沢は24日より、雪が降り出しました。記念館の庭は雪景色になり、犀星の愛した燈籠も、すっぽりと雪に覆われました。中庭の寒椿も咲き、雪の白さと椿の赤が綺麗でしょう。犀星は椿が大好きで、馬込の庭にもいっぱいありました。夏になると葉っぱに毛虫がつき、庭掃除の度に家人が、かぶれていました。

記念館は12月29日から1月3日までお休みを致します。年明けの来館をお待ちしております。
 
 今年一年「犀星つうしん」をご覧頂きありがとうございました。
 
12月19日

               庭園の補修。

 記念館は、2002年8月1日犀星の誕生日に開館しました。
今年で8年。8年の間に、いろいろな所に不具合が生じ補修してきました。今回は、雨や風により土が流れ、庭の隅の水道管が露出してきました。庭をこよなく愛した犀星にとって、あってはならないこと。雪が降る前に工事に取りかかりました。砂を入れ、「タマリュウ」を植えました。この場所は「だんな様二世」の住処のすぐ側、工事中に作業のお兄さんが覗いたところ、「だんな様二世」と眼があったそうです。彼は冬眠中なので眠そうに薄目をあけていたそうな…。
駐車場の竹垣も雨や風の影響により傷みが酷く、取り替えました。犀星もこれでほっと一安心です。
 
12月2日
  
       庭の櫨の木に雪づりが…
 
 金沢の風物詩でもある「雪吊り」。 今年もお目見えしました。これで雪の準備も万端です。白山麓の地方では「カメムシ」の多い年は大雪という言い伝えがあるそうですが、今年は大量発生しているそうです。館内の事務室でも、開館以来初めてカメムシを発見しました。カメムシは潰すと酷い臭いがするので、ガムテープでそっと捕獲。今年は北陸の冬の特徴である、霙も鰤越しも鉛色の空もまだです。冬将軍はいつくるのやら・・・。
 
   
      しんとして音なく更ける寒さかな