11月23日

    
     館蔵品展「家族への手紙」が始まりました。


 18日までの「小説家犀星の誕生」展はお陰様で無事終了し、多くのお客様に犀星の貴重な初期の自筆原稿をご覧いただきました。
 4日間の展示替え休館をはさんで、本日より新企画展です。犀星が家族、親戚へあてた手紙を約90通並べました。

 真心と、ユーモアと、食欲(!)のこもった、素敵な手紙をこの機会に、ぜひご覧下さい。

11月10日

         −草ひばりの会特別イベント−
            兼六園 文学散歩

 

 紅葉真っ盛りのなか、大勢の観光客の間をぬって兼六園で犀星文学散歩を行いました。兼六園を描いた犀星の作品20あまり(小説・随筆・詩・俳句など)を拾い読みしながら、その描かれた場所をまわりましたが、犀星についてはもうかなり詳しい草ひばりの会員の方々は、いちだんと犀星の文学世界に興味をお持ちのようでした。
 時代を追って変化している兼六園の様子もいろいろ話題になり、楽しいひとときでした。

 「草ひばりの会」会員になってみませんか?

11月3日
                          三馬小学校

 
10月30日に三馬小学校の4年生119名が来館されました。偉人に学ぶ金沢「絆」教育で、他に鏡花館、秋聲館、偉人館、伝統産業工芸館を一日かけて見学されたそうです。みんな探検バックを持って、熱心に見学し、メモをとっていました。たくさんの質問もありました。子供達は全身で学び、吸収するのですね。
 二組に分かれての見学でしたが、午後の組は雨が降ってしまいカッパを着ての来館。雨と寒さで大変でしたね。前日は読み聞かせの講座をさせて頂きました。犀星さんの童話は、おもしろかったですか?

 私たちは記念館が子供達にもっと身近なところになってほしいと願っています・・・。

 またお友達同士で遊びに来てくださいね。