概要

老舗記念館の概要

金沢市老舗記念館は、藩政時代からの薬種商であった「中屋薬舗」の建物を昭和62年、金沢市が中屋家から寄付を受け、文化財的に価値のある外観を保存し、藩政時代の商家の面影を残す「店の間」などを復元するとともに、伝統的町民文化の展示施設として平成元年4月1日に開館したものです。
中屋家は、天正7年(1579)に彦兵衛が薬種業をはじめ、藩政初期から南町に店舗を構えた代表的な老舗で、特に五代藩主綱紀から御殿薬の処方を拝領し、以後代々町年寄り等をつとめた格式の高い家柄であります。
移築前の建物は、明治11年(1878)明治天皇行幸の際に御在所とともに建築され、大正8年(1919)改築されました。

老舗(しにせ)とは?

老舗とは、何代にも渡って同じ商売をしている格式のあるお店のことです。この「商売」は物品の販売に限らず、製造業や料理・宿泊業などさまざまな職業も含まれます。
何代も同じ商売を続けるということは、簡単なようで難しいことです。世の中の好景気・不景気で売り上げが大きく変わったり、不祥事などで信用を失うとあっという間に没落してしまいます。また、商売替えを行ってもうまくいくとは限りません。何代も同じ職業を続けるということは安定した経営ということだけでなく、不況などの危機を乗り越えているということでもあり、お客様からの信用を得ているお店ということになります。

施設の案内

みせの間

中屋薬舗の店の様子を再現し、薬にまつわる資料などを展示しています。

おえの間

来客の上がり口で、吹き抜けのある広々とした空間でおもてなしします。

茶室

格式の高い商家では家の中に茶室を設けました。

座敷

客間で、書院の間と続き部屋となっています。

書院の間

床の間などがある書院造りの部屋です。

縁側から見るだけでなく、歩くことができます。

婚礼模様

結納の豪華な加賀水引など、金沢の婚礼模様を見ることができます。

工芸菓子

本物の花や鳥に見えるお菓子の花神輿の素晴らしさを本物で実感してください。

金沢老舗百年展

年3回の展示で、100年以上続く老舗に伝わる道具類を見ることができます。

中屋薬舗

中屋家の先祖は山城(現・京都府)出身とされ、天文年間(1532~1555)に戸室山に移り住み、その後金沢御堂の町地に住みました。そして天正7年(1579)に薬種商を始めた金沢の代表的な老舗のひとつです。
この中屋の旧店舗(明治11年(1878)建築)を移築したのが老舗記念館の建物であり、当時の様子をうかがうことができます。

国登録有形民俗文化財「金沢の売薬製造・販売用具」

中屋家が所蔵していた道具は金沢市で保管されており、平成25年3月12日に県内で初めて国の登録有形民俗文化財になりました。
材料を砕いて丸める薬を造るなど製造用の道具775点と、薬棚や宣伝用看板などの販売用の道具類292点の計1,067点があります。
加賀藩政期を通じて、金沢を代表する薬種商・中屋薬舗に用いられた道具類であり、金沢の薬の伝統的な製造や販売などの実態を知ることができる貴重な資料です。

ページトップへ

もどる

HOME

ページトップへ