企画展 

泉鏡花文学賞制定40周年記念 泉鏡花といふ男

2012年11月9日(金) ~ 2013年3月10日(日)

詳細


 金沢の誇る文豪、徳田秋聲と泉鏡花。二人はほぼ同時期に金沢に生まれ、小説家を目指して上京、ともに尾崎紅葉の門下生としてデビューしました。しかし、紅葉の早すぎる死を契機に文学的にも個人的にも袂を分かち、晩年に「和解」するまで互いに距離を置いていたことが知られています。

 同じ時代、同じ土地に生を享けながら、それぞれまったく正反対の作風に生きた二人。泉鏡花文学賞制定40周年を記念して、この比類なき二人の文豪の交流をご紹介します。


展示品の紹介


雨声会扇面幅

    鏡花法要記念冊子『両頭蛇』   (秋聲旧蔵品)

▲ ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団