企画展

徳田秋聲らしからぬ!~しゅうせいとこどもむけよみもの~

2013年7月13日(土) ~ 2013年11月4日(月・振休)

詳細


 「子供は書きにくい」、「どうしても大人には小児(こども)の心持ちにはなれぬと見える」。
小説の名人・徳田秋聲の本音です。
 秋聲の書く小説は、どれも完全なる大人向け。人生の酸いも甘いも噛みしめた、よくもわるくも「大人」の人にこそわかる世界を得意とします。そんな秋聲が、苦手だという子どもを描き、子どもを相手に物語を紡ぐとどうなるか――。
 この展示では、およそ彼らしからぬ、秋聲の子供向け作品をご紹介します。



展示品の紹介 


雑誌「赤い鳥」
(秋聲旧蔵)
竹久夢二装丁
『めぐりあひ』初版本

▲ ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団