企画展

金沢市・高松市 文化・観光交流協定締結記念特別展
菊池寛賞と秋聲

         
2014年10月10日(金) ~ 2014年11月30日(日)


詳細


 昨秋、金沢市と高松市は文化・観光交流協定を締結しました。
 両市はともに城下町として発展してきた都市であり、金沢市の兼六園と高松市の栗林公園は、日本を代表する大名庭園として高い評価を得ているほか、加賀藩前田家と高松藩松平家は歴史的に深いつながりがあります。
 また、文学的に、高松市といえば文壇の大御所、菊池寛を輩出した地。秋聲のほうが二十歳ほど年上にあたるため、寛は秋聲を「先輩として敬意を表していゝ人」として慕い、寛、生前中に自らの名を冠して創設した「菊池寛賞」の記念すべき第一回が秋聲の代表作『仮装人物』に授与されるなど、深いかかわりをもちました。
 本展では、両市の交流協定一周年を記念して、両市を代表するふたりの文士の交流をご紹介します。

協力:高松市菊池寛記念館


展示品の紹介 


 
第一回菊池寛賞正賞 
懐中時計
芥川龍之介筆 秋聲宛書簡
(徳田家蔵)



 今後のスケジュール
リニューアルのため休館  平成26年12月1日(月)
   ~平成27年3月6日(金)
企画展「破戒・蒲団・黴」(仮)  平成27年3月7日(土)
          ~8月上旬

▲ ページトップへ

展示日程の一覧

金沢文化振興財団